FX 用語集

FX証拠金取引の用語 「や」行

投稿日:

【有事のドル買い】 【余剰金】 【山高ければ谷深し】


【有事のドル買い】
経済危機や戦争など有事と呼ばれるものが起こった時は、最も信頼できる通貨である米ドルを買う動きが強まることを言ったものであるが、現在は、この言葉通りにはいかなくなっているようである。
【余剰金】
預け入れた資産のから、ポジションを持つために必要な証拠金や差損益を引いたもの。
各業者により、計算方法に多少の違いがある。
【山高ければ谷深し】
相場は暴騰する事もあるが、その後反転し、急落する危険を常にはらんでいる。
上げ幅が大きいほど、下げ幅もきついという事を表わしている。

-FX 用語集

執筆者:

関連記事

no image

FX証拠金取引の用語 「ま」行

【マージンコール】 【見切り千両】 【名人は相場の怖さを知る】 【メジャーカレンシー】 【もうはまだなり、まだはもうなり】

no image

スリッページ

外貨預金をするときは外貨を銀行で購入しますが、この注文の受け手は銀行であるのと同様に、FXの多くは業者と投資家との間で取引が行われ、市場を通して行われる市場取引ではなく相対取引です。 あなたからの注文 …

no image

スキャルピング【scalping】

スキャルピング【scalping】とは「皮むき」のことで、薄皮を剥ぐようにエントリーからイグジットまで数秒から数十分と短い取引で薄利を稼ぐ取引のこと。

no image

FX証拠金取引の用語 「ら」行

【流動性リスク】 【レバレッジ】 【レンジ相場】 【ロールオーバー】 【ロスカット】【ロング】

no image

FX証拠金取引の用語 「さ」行

【差金決済】 【指値】 【サポート】 【証拠金率】 【ショート】 【スクエア】 【スプレッド】【スリッページ】 【スワップ金利】 【先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)】 【損切り(ロスカット】