FXの取引概要

為替レートとは2種類の通貨の交換比率

投稿日:

為替レートとは2種類の通貨の交換比率のことで、米ドル1ドルに対して円がいくらで交換できるかということです。
海外旅行にドルを持ち出すときに、銀行で手数料を払って円をドルと交換しますが、110円で1ドルを交換するというような交換比率です。つまり、「1米ドル=110円」というように、相手側の国の通貨がもう1方の国の通貨でいくらになるかということです。
ニュースなどで何時現在の為替レートは、「1米ドル110円50銭-55銭」と表示されますが、「1米ドルを110円50銭で買いたい」または「110円55銭で売りたい」という事を表しています。米ドルをUSDと表示する場合もあります。
アメリカドル/円 ⇒ USD/JPY
ユーロ/円 ⇒ EUR/JPY
イギリスポンド/円 ⇒ GBP/JPY
オーストラリアドル/円 ⇒ AUD/JPY
ニュージーランドドル/円 ⇒ NZD/JPY
その為替レートは世界中で取引され、その国の通貨の需要と供給の関係によって、刻一刻と変動しています。通貨の交換における「売り」と「買い」の変動を「為替相場」といいます。

-FXの取引概要

執筆者:

関連記事

no image

ポジションの保有期間を決める

保持するか自分の投資スタイルを見つけるための大きなポイントになるのが「どのくらいの期間ポジションを保持するか」ということです。

no image

「セントラル短資オンライントレード」という業者でできること

セントラル短資オンライントレードのスワップ金利は、業界最高水準です。スワップ金利の即日反映はできない業者が多いのですが、セントラル短資のスワップ金利は毎日でも出金が可能です。

no image

FX証拠金取引のリスク ? (カントリーリスク)

国の信用度に応じてのリスクで、為替独特のリスクともいえます。海外投資を行う場合などに、その国の政治的、経済的、安定度によっても負うリスクは違ってきます。

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

これから取引をする業者の何を基準に見ていけばいいのでしょうか。基本的にまず、手数料は「安い方が良い」、スワップ金利は「高いところが良い」、レバレッジは「50倍で十分」、取引単位はほとんどが「1万通貨単 …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (オンライン取引のセキュリティリスク)

インターネットを利用したオンライン取引では、システムのセキュリティが大きな問題です。取引業者もセキュリティに力を入れ、情報が外部に漏れないように徹底管理すると同時に、投資家自身も情報管理には十分注意し …