FXの取引概要

為替レートとは2種類の通貨の交換比率

投稿日:

為替レートとは2種類の通貨の交換比率のことで、米ドル1ドルに対して円がいくらで交換できるかということです。
海外旅行にドルを持ち出すときに、銀行で手数料を払って円をドルと交換しますが、110円で1ドルを交換するというような交換比率です。つまり、「1米ドル=110円」というように、相手側の国の通貨がもう1方の国の通貨でいくらになるかということです。
ニュースなどで何時現在の為替レートは、「1米ドル110円50銭-55銭」と表示されますが、「1米ドルを110円50銭で買いたい」または「110円55銭で売りたい」という事を表しています。米ドルをUSDと表示する場合もあります。
アメリカドル/円 ⇒ USD/JPY
ユーロ/円 ⇒ EUR/JPY
イギリスポンド/円 ⇒ GBP/JPY
オーストラリアドル/円 ⇒ AUD/JPY
ニュージーランドドル/円 ⇒ NZD/JPY
その為替レートは世界中で取引され、その国の通貨の需要と供給の関係によって、刻一刻と変動しています。通貨の交換における「売り」と「買い」の変動を「為替相場」といいます。

-FXの取引概要

執筆者:

関連記事

no image

どんな国の通貨を取引するの?

ニュースでも耳にする米ドルを売買する みじかなアメリカ通貨のドル(米ドル)を、日本円で売ったり買ったりできます。株とは違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけ …

no image

後悔しない業者選び

さて、FX証拠金取引業者選びのポイントは解ったけれども、具体的にどんな業者が「自分にあった業者」なのかというと、星の数ほどある業者の中から探し出すのはなかなか難しいものです。

no image

FX証拠金取引のリスク ? (取引口座保全のリスク)

FX取引の口座を開いている取引業者そのものが、破綻してしまうリスクも考えておかなければなりません。取引手数料などの高安に関係なく、取引業者の経営に万が一のことが起こっても、顧客の資産を信託銀行に信託し …

no image

FX(証拠金取引)の投資法

相場に限らずFXの世界にも、いろいろな投資のスタイルや投資法があります。どれを中心にするかは、まさに十人十色と言ったところです。その中でもFXにはどの投資スタイルが良いのか、非常に気になるところですが …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (レバレッジリスク)

FX証拠金取引では、業者に預託した証拠金を、数倍の大きな資金として動かすことが可能なレバレッジ効果により、大きな運用率を上げることができます。証拠金が少ないので、勘違いをしてしまいがちですが、資金が大 …