未分類

広告代理店の実際

投稿日:

 広告代理店というと、電通や博報堂などの有名な企業があり、華やかなイメージを持っている人が多いかもしれません。


 広告代理店は、記事を書いている2006年の時点で、新聞の総部数5000万部強の内、広告収入1兆円、テレビでは総広告費2兆円を民放主要局で分け合う形になっています。
 より魅力的な記事や番組で、スポンサーの信頼を得、販売部数、視聴率などで結果を出さなければ利益が上げられない、厳しい競争が繰り広げられています。
 企画広告の分野では、駅、コンビニ、家庭に無料配布される広告情報誌の枠を発行日までに売り切るノルマが課せられています。
 企業がムダな出費を抑えるために削るのはまず広告費からと言われているため、広告枠の販売ノルマを達成できるまで夜も休日も返上しての努力がされているようです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

不動産とアパートとマンション探しのコツについての考察

 マンション探しのコツについてもう少し考察を深めていきたい。

no image

ネット銀行(オンラインバンク)とは

ネット銀行を国内で初めて開業したのは「ジャパンネット銀行」です。その後、イーバンク銀行、ソニー銀行も参入し、現在は、この3行が「ネット専業銀行」と呼ばれています。

no image

自動車保険

 保険のうち、自動車保険とは「事故に遭った被害者に対する金銭的な救済」「事故を起こした加害者の金銭的負担の援助」を援助するための制度です。

no image

海外で起業する

海外起業とは何でしょうか。  この文章を読んでいる人は日本人と想定すると、日本国外の会社オーナーになるということですね。 では、海外で起業すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

no image

インターネット広告の仕組み

 広告は、多くの人に長時間目に付くほど効果が高いため、人気のあるインターネット上のサイトや、インターネット上で必要不可欠な情報を発信するようなサイトほど、高価な広告費がかかります。