未分類

広告代理店

投稿日:

 広告代理店とは、広告を掲載するメディアと、広告を載せたい企業の仲介をする会社のことです。


 広告の種類は、新聞、雑誌、折込チラシなど個人の家に届くもの。テレビ、ラジオなど電波に乗って広告されるもの。電車のつり革や看板、スポーツ競技場など人の集まる屋外で広告されるものなどがあります。
 最近では、インターネットや携帯向けの広告が成長を続けています。
 広告代理店は、広告を載せたい企業の予算に合わせて商品イメージをデザイナーなどに依頼して広告の形にし、メディアに掲載します。
 よく街中で、無料で配られている情報誌は、企画広告と言われ、企業や個人ショップに広告枠を切り売りして、多くの人に無料で手にしてもらうことで利益を得ています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

インフレとデフレ

 インフレとは、物の価値が少しずつ上がっていき、お金の価値が下がっていくことです。英語ではインフレーションですが、日本ではインフレという単語で定着しています。

no image

生命保険

 保険の中で「生命保険」とは人に対してかけるもので、事故や災害、または経済的損失などによる経済的損失(負担)に備えるための保険制度です。

no image

広告収入の弊害

 広告によって簡単に収入が得られると、近年、インターネット上での広告競争が激化しています。

no image

不動産における土地家屋調査士

 不動産における土地家屋調査士という言葉を、いや、言葉じゃないな、役柄を、いや、職業を、皆さんは聞いたことがあるでしょうか?

no image

ビジネスの基本をマスター

 ビジネスの基本は、なんと言っても「儲ける」ことで、露骨すぎる表現でも、否定もできないですね。