未分類

公共広告機構の活動

 公共広告機構は、AC公共広告機構と呼ばれ、公的な資金を一切受けずに、約1300社の広告関連会社や、個人会員からなるボランティアによって構成されています。


 広告会社の持つ社会的な影響力を生かそうと、企業や政治宣伝に関わらない、社会の進歩や公共の福祉の進歩を目的として活動が続けられています。
 1971年に有志によって大阪に団体が設立され、初の公共問題キャンペーンが、新聞とテレビで行われました。
 1975年に東京に移転して正式な社団法人となるまでには、障害者、高齢化、福祉などの問題を会員となっているそれぞれの広告会社でとりあげました。
 その後も今日本が必要としているテーマとして、食料資源、ゴミ、青少年、家庭教育、などに着目し、自主的な広告キャンペーンを毎年繰り広げています。
 公共福祉に関わる団体の支援広告なども行っています。

[最終更新日] 2007/01/18



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ





FX月間損益グラフ

最新の投稿