未分類

公共広告機構

投稿日:

公共広告機構とは、1300社程度の広告関連会社が参加している、非営利組織です。


 広告には、企業が商品を売るための広告と、政治絡みの広告、それら以外の意見を伝える広告などの種類があります。
 公共広告機構は、1970年にサントリーの社長によって提唱され、前身となる組織での数年を経た1975年に、社団法人が設立しました。
 公共広告の広告には、企業・政治・特定団体の利害に対して中立・客観的な姿勢が求められています。
 活動内容は、会員が資金を出し合い、それぞれの広告媒体を使って、選ばれたテーマについてキャンペーンという形で自主的な広告を出すことなどが挙げられます。
 深夜や早朝などのCMの空枠を埋めたり、臨時番組が組まれたときのCMとしても活躍しています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

介護保険

 保険の中で「介護保険」とは、2000年にスタートした、新しい社会保険制度です。

no image

社会保険

 保険のうち「社会保険」とは国または地方公共団体が直接管理・運営する、日本の社会保障制度です。

no image

ネット証券とオンライントレード

ネット証券とは、インターネットを利用した証券取引サービス(オンライントレード、ネット株取引とも言う)を行っている証券会社のことです。

no image

経済ということ

経済とは、ものやお金、サービスが流通していく仕組みのことをいいます。

no image

損害保険の種類

 保険のうち、「損害保険」には、大きく分けて、「ノンマリン分野」「マリン分野」の2種類があります。