未分類

公共広告機構

投稿日:

公共広告機構とは、1300社程度の広告関連会社が参加している、非営利組織です。


 広告には、企業が商品を売るための広告と、政治絡みの広告、それら以外の意見を伝える広告などの種類があります。
 公共広告機構は、1970年にサントリーの社長によって提唱され、前身となる組織での数年を経た1975年に、社団法人が設立しました。
 公共広告の広告には、企業・政治・特定団体の利害に対して中立・客観的な姿勢が求められています。
 活動内容は、会員が資金を出し合い、それぞれの広告媒体を使って、選ばれたテーマについてキャンペーンという形で自主的な広告を出すことなどが挙げられます。
 深夜や早朝などのCMの空枠を埋めたり、臨時番組が組まれたときのCMとしても活躍しています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

サイドビジネス

サイドビジネスとは、学生や主婦、サラリーマンが、空いた時間を使ってお小遣いを稼ごう、という試みといえるでしょう。副業ともいわれています。

no image

起業支援

起業の支援をしてくれる、そんな団体を使わない手はありません。

no image

海外出張保険とは

海外出張では、何が起きるか分かりません。いざという時に困らないために、出張計画を立てるときには、海外出張保険についても検討してみましょう。

no image

公共広告機構の活動

 公共広告機構は、AC公共広告機構と呼ばれ、公的な資金を一切受けずに、約1300社の広告関連会社や、個人会員からなるボランティアによって構成されています。

no image

いざなぎ景気と庶民のライフスタイルの変化

いざなぎ景気とは1965年10月から57ヶ月続いた好景気のことです。日本のGNPがアメリカに次いで世界第2位となるなど、いざなぎ景気は日本の経済史上大きな意味を持つものですが、このいざなぎ景気は、庶民 …