相場の心得

大きな失敗を避ける

投稿日:

投資1回ごとに結果がでるので、悔やみ切れない場合もいい多いのですが、いくら悔やんでも過去の損失が消えるわけではありません。済んだことばできるだけ早く忘れることを心がけたいものです。特に底値で買えたり、天井で売れたりすることはほとんど不可能なのに、「もつと安く買えた」とか「もっと高く売れた」とかと考えても仕方がありません。「底値買い」「天井売り」などは神様でしかできないことなのですから。神様になれないならそんなことを考えているより、次の投資で儲けることを考えたほうが得策なのです。

「損切りした直後に価格が上昇したのを見て、あの時売らなければ、○万円儲かつたのに」とか「銘柄Aを買おうか銘柄Bを買おうか迷ったあげく銘柄Aを選んでしまつたが、実は銘柄Bにしておけば○○○円儲かっていたはず」などときりがありません。終わった後から株価チャートを見て、終わった相場をあとから振り返ってみれば、小学生でも最高の買い場と売り場がわかります。そんな無駄なこと時間を費やすなら、次の一手に気を集中すべきなのです。

過去の失敗を悔やむのは時間の無駄で、精神衛生上マイナスなだけです。株式市場は「売り手」と「買い手」がいて値段が成立します。必ず相手がいないと成り立たちません。しかもどんな相手も一円でも多く儲けたい「チョットの損もしたくない」と考えている人ばかりです。「売り手」も「買い手」もみんな必死で、欲の皮も突っ張っています。

過去の失敗を悔やんで考えごとをしていると、「売り」「買い」を反対にしてしまったり、株数を間違えたり、といつた発注ミスにつながりやすい。自動車の運転でも、考えごとをしていると事故を引き起こしやすいのです。株式投資も同じである。済んだことなど忘れてしまい、今やるベきことに集中すれば、ミスや事故にもなりにくいものです。

将棋の名人や料理の達人がノーミスというわけはあり得ません。天才として世界に名を残すような人でも、何度も失敗するのが普通でなのです。一般投資家が失敗を繰り返すことなど恥でも何でもありません。ごく当たり前のことであると考えて、過去の失敗など気にせず、前向きに次の一手の次‐のことだけを考えるようにしましょう。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

先物相場の波を泳ぐ

相場は売と買の二つしかありませんから、当たる確率は二分の一ということになります。それだからといって、損益の確率も二分の一かというとそうではありません。当たる確率が二分の一だということは、今の時点から次 …

no image

過去の怖い話も知っておこう

先物取引のトラブルは突然の電話から始まった 大学の後輩と称して取引を勧誘する営業マン。先物取引の知識がないのに、知っているふりをする先輩。断り切れなくなって、お付き合いのつもりで入金したら、勤務中でも …

no image

誰にでも儲かる方法は

巷にはすぐにでも儲かりたいと願う人がたくさんいて、その人がほしがる投資法の書籍や教材、投資セミナーなどであふれています。儲かっている人がいるのですからその人のまねをすればすぐにでも儲かりそうな気もしま …

no image

先物相場の心構え

相場をバクチと同じと考えるなら、勝ち負けは「時の運」ということになります。勝ちか負けしかないところだけを見ると、相場も運に左右されると言えるかもしれません。相場に限らず「勝負ごと」は、理屈抜きに利益に …

no image

過去の投資結果を気にしない

投資は儲かる場合もあれば、失敗して損する場合も当然あるわけで、毎回儲けることが理想的でも、実際には困難です。逆にうまくいかないことのほうが多いといえます。勝ち続けることが困難である以上、唯一勝つことが …