相場の心得

如何に生き残るか

投稿日:

成長プロセスは単調な登り坂ではない。 水(H2O)が摂氏0度付近になると、一気に氷(固体)から水(液体)になります。それが摂氏100度付近になると、さらに一気に水(液体)から水蒸気(気体)に。これは、化学の用語で相転移(そう てんい)と呼ばれています。

このことに例えることは果たして適切なのかどうか分かりませんが、人間の成長プロセスも、どうやらそのようなものではないかと考えています。氷から水に、水から水蒸気へと根本的に物体の質が変化するように、人間の成長プロセスも、ある段階、ある段階で、非常に短時間で思考の質や行動の質がガラリと切り替わる瞬間が訪れます。それは決して単調に、右肩上がりで成長していくのではありません。

スポーツや何かの学問に打ち込まれたあなたなら、何度も経験していらっしゃるかもしれませんが、何かを身につけるときは、だんだんできるようになっていくのではなく、やってもやっても一向に身につかない、上達しない、学習であれば覚えても覚えても体系がつかめないといった経験を経て、それがあると段階に到達すると、長期間の努力の結果として一気に「相転位」が起きる。

図示するとこのような感じです。

このように、一気に上がったときに、人は成長を実感することができます。そしてまた結果の出ない地道なプロセスに入る。すると、やがてまた大きく成長を感じる場面がやってくる。スポーツにおいても学問においても、このような成長線を描きます。しばらくはなかなか思うような結果が出ないけれども、出るときは一気に結果が出る。その過程こそが成長のプロセスであるのです。ところが多くの人は、この上りカーブを上り切るところまで辛抱することができない。

株式の格言に、「辛抱は金の棒」というものがあります。成長のプロセスもしかり。辛抱。継続。地道。うまず、たゆまず。そういう言葉で表されるものこそが非常に重要なことであるのだと、これでお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

投資家の悪い癖

「株価の先行きは、神様でも分からない」というのを忘れてはいけません。「神様にしか分からない」のではありません。神様にも分からないことに「もう少し待てば損益が好転するかもしれない」などと期待を持ってはい …

no image

如何に生き残るか

相場の上下は1/2である。8割~9割を狙ってはいけない。狙っても取れないから、目指しても無駄だということだ。相撲でいえば、8勝の勝ち越しで十分である。10勝以上を三場所も続けなければ大関にはなれない。 …

no image

相場こそ休むべし

相場の世界に身をおく人で、この相場金言を知らない人はいないと思う。この金言を作ったご本人がこの「休む」ことができなかったという。それほど相場で休むことは難しいといわれる。休みといえば、1ヶ月のこともあ …

no image

相場の大敵は恐怖感

投資は偶然でも「儲ければすべてよし」なのです。だからといって、「少し待ってみよう」とか「明日の様子をみからにしよう」と判断したとして、損失が縮小する保証はどこにもありません。「改善する」「変わらない」 …

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …