相場の心得

手仕舞いがすべて

投稿日:

「相場は人気の裏を行く」の通り、市場に参加している投機家は、強気・弱気そして常に迷っている。需要・供給・取り組み・出来高・人気・日柄のファンダメンタルズを考慮してもよく分からないのが本音。相場の奥義があるとすれば、「相場と喧嘩をするな」「萬玉張るな」「しまったは仕舞え」の三つか。

両建ては両損といって、両方の玉が利益になることはない。一般に両建てとは、建て玉が不利になった時、一時的に損益を固定するときに使う手と思われている。両建てはすべからずであるが、利のある玉から食って損の玉を放置してしまう。食ったら最後、放置した玉は永久に戻ることはない。

ナンピンは、できるだけ建て玉を実際の相場に近づけるテクニックであるのに、分の悪い玉とは縁が切れないままにしてしまう。順調なときは、利益計算が楽しいものである。ところが逆境になると損の計算をしたくなくなる。そして、損をしたときに反省をしない。儲かったことだけを繰り返し思い出して、ひとりで楽しんでしまう。

「しまったは仕舞え」と「利は伸ばせ」が頭で分かっていてもできない。「しまった」と気づく時が問題である。萬玉張って、追証がかかったときに「しまった」と気づくから「仕舞え」ないのだ。損がハッキリしているから仕舞えない。

どうしても萬玉を張りたいのなら、建て玉をする前に追証がかかったら「仕舞う」ことをしっかり頭に叩き込んでおいて、そうなったら死んでも実行しなければならない。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

先物相場成功のカギ

日本の社会は、勝組と負組みなどといわれ、所得格差の広がりが顕著になってきたようです。努力すれば乗り切れるのなら、皆が努力を惜しまないでしょう。同じような努力をしても、報われる人とそうでない人がいるのは …

no image

先物相場の波を泳ぐ

相場は売と買の二つしかありませんから、当たる確率は二分の一ということになります。それだからといって、損益の確率も二分の一かというとそうではありません。当たる確率が二分の一だということは、今の時点から次 …

no image

あきらめた者は勝てない

薪の上に寝て、苦い肝をなめて敗者が復活する。中国は春秋戦国時代、呉と越は絶えず戦争をしていた。越王に敗れた呉王の子である夫差は父の恨みを思い固い薪の上で寝て三年後に会稽山の戦いで越を破った。破れた越王 …

no image

投資家の悪い癖

「株価の先行きは、神様でも分からない」というのを忘れてはいけません。「神様にしか分からない」のではありません。神様にも分からないことに「もう少し待てば損益が好転するかもしれない」などと期待を持ってはい …

no image

相場は相場に聞く

「人見て相場を張るなかれ」ということは、誰がどうした彼はこうしたという情報で売買をするなということである。 あくまでも自分の感情をまじえないで、相場は相場に聞く態度が肝要である。 ところが人は、「見た …