相場の心得

相場は相場に聞く

投稿日:

「人見て相場を張るなかれ」ということは、誰がどうした彼はこうしたという情報で売買をするなということである。 あくまでも自分の感情をまじえないで、相場は相場に聞く態度が肝要である。

ところが人は、「見たい」「聞きたい」「言いたい」ものである。老子は「戸を出でずして天下を知り、窓よりうかがわずして天道を見る」といった。知識や情報を求めて駆けずり回れば回るほど、益々あやふやになり判断力も鈍る。

昨今の株式情報などは、iモードでもサービスしている。如何に株価の気になる人が多いかである。為替の動向が気になるからといって、夜中に海外の貴金属相場や穀物相場を確認していては心配事が増えるだけである。

現実は日本の相場が立たないと分からないのであるから、人より速く知ったところでどうなるわけではない。各節の立会のたびに値段を心配しているようでは、相場の成績は良くならない。

相場は流れについていくことが最も大切である。ところが素直についていけない。また曲がるかと不安になる。計算がはたらくから、損だけを覚えている。損切りしたところまで戻って、同じポジションになることが納得できない。

相場の世界には、名人や達人など存在しないのだから、愚公の愚鈍こそが相場に勝つ神髄ではなかろうか。

 

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …

no image

相場を仕事にする

これまでのあなたは、今の収入以外に、お金を得ることを考えていました。サイドビジネスの情報を検索したり、あるいはもうネットビジネスをはじめていて、もっと儲かりそうなやりかたを探していたのかも知れません。 …

no image

テクニカル指標の選び方

一般に使われているテクニカル指標は100種類以上あると言われていますが、有名な指標は古い新しいにかかわらずどこかで誰かに使われていて、その指標のすべてで誰かが利益を上げているから現在でも存在しています …

no image

如何に生き残るか

成長プロセスは単調な登り坂ではない。 水(H2O)が摂氏0度付近になると、一気に氷(固体)から水(液体)になります。それが摂氏100度付近になると、さらに一気に水(液体)から水蒸気(気体)に。これは、 …

no image

損切り(ロスカット)は最良の方法

まったく損失を確定をすることなく、すべての売買に完勝できれば良いに決まっています。しかし全勝できる投資家などプロの世界にもいません。「一度も失敗したことがない」という人がいたら、売買の回数が少なくいか …