相場の心得

如何に生き残るか

投稿日:

相場の上下は1/2である。8割~9割を狙ってはいけない。狙っても取れないから、目指しても無駄だということだ。相撲でいえば、8勝の勝ち越しで十分である。10勝以上を三場所も続けなければ大関にはなれない。驚くのは8勝の勝ち越しでも、勝率にすれば53%であり、10勝しても63%である。

相場をする者にとって、いかに大きく速く儲けるかが最大の願望だが、上手くいくのは一生の内2~3回あればいいほうで、多くの人は当たる前に消えて行く。サラブレッドでいえば、クラシックレースなどには出場できないが、地方競馬や名も無いレースの2・3着を確実に取って賞金を稼ぐ。馬主にとってこれほどの名馬がいようか。まさしく無事これ名馬である。

当たった、曲がった、損した、儲けた、を毎日考えている。曲がったり損しそうなときは仕事も手につかない。それでいて相場で生活をしたいと考える。素人と玄人との違いは、生き残る技術があるかどうかである。

「しまったはしまえ」の金言通り、いかに損切りを認めることができるかで勝敗が決まるといっても過言ではない。弾を切らさないで、資金量と建て玉のバランスを考え、くれぐれも「勝負に出よう」などとは考えないことである。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

相場を仕事にする

これまでのあなたは、今の収入以外に、お金を得ることを考えていました。サイドビジネスの情報を検索したり、あるいはもうネットビジネスをはじめていて、もっと儲かりそうなやりかたを探していたのかも知れません。 …

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …

no image

先物相場の波を泳ぐ

相場は売と買の二つしかありませんから、当たる確率は二分の一ということになります。それだからといって、損益の確率も二分の一かというとそうではありません。当たる確率が二分の一だということは、今の時点から次 …

no image

先物相場の心構え

相場をバクチと同じと考えるなら、勝ち負けは「時の運」ということになります。勝ちか負けしかないところだけを見ると、相場も運に左右されると言えるかもしれません。相場に限らず「勝負ごと」は、理屈抜きに利益に …

no image

次の一手が肝要

市場は24時間365日取引が行なわれ、株式市場は休みの日は除いても、今日も明日も明後日も休みなく開かれます。負けて撤退する人もいれば、新たに参入してくる人もいます。いつも新しい血が流れ込み、常に株式市 …