相場の心得

テクニカル指標の選び方

投稿日:

一般に使われているテクニカル指標は100種類以上あると言われていますが、有名な指標は古い新しいにかかわらずどこかで誰かに使われていて、その指標のすべてで誰かが利益を上げているから現在でも存在しています。

たとえ、ただで教えてくれる奇特な人が見つかったとしても、そのことで時間の浪費が防げたり、継続して利益を出す方法がわかるとは限りません。なぜなら、相場は動いているので、その人にできても自分にできるとは限らないからです。

テクニカル指標で待ち構えていても、思う通りに相場は動いてくれません。逆に動く確率も同じなわけで、パターンの出現を待っているとかなりのストレスになります。ひとつのパターンであっても、すべての時間帯で待つことは同じようにストレスになります。

そこで、自分に合ったテクニカル指標で、そのうちどういうパターンを取りたいのかを明確に想像して、損失をできるだけ抑え、利益を積み上げることのできる方法を選ぶ必要があります。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

過去の投資結果を気にしない

投資は儲かる場合もあれば、失敗して損する場合も当然あるわけで、毎回儲けることが理想的でも、実際には困難です。逆にうまくいかないことのほうが多いといえます。勝ち続けることが困難である以上、唯一勝つことが …

no image

相場やり抜く覚悟はありますか?

「何のために仕事をするのか?」で「少しずつやる」と書きました。少しずつとは、「資金のうちの少し」というい言う意味です。100万円の資金がある人なら、その3分の1の30万円をイッキにということです。 も …

no image

相場を仕事にする

これまでのあなたは、今の収入以外に、お金を得ることを考えていました。サイドビジネスの情報を検索したり、あるいはもうネットビジネスをはじめていて、もっと儲かりそうなやりかたを探していたのかも知れません。 …

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …

no image

損切りの心理的影響

言い方が古いが、古今東西「名人」といわれる人ほど損切りが上手で、日計り(デイトレード)など夢の時代でも、極端に言えばその日のうちに処分してしまうなんてこともしばしばでした。お金の動きがグローバルで1日 …