相場の心得

勝てない理由を理解する

投稿日:

勝てない投資方法でトレードを続けていても、ある日突然勝てるようになることはありません。それが心理的なものなのか技術的なものなのか、すこし立ち止まって原点を見つめてみましょう。

多くの投資家は、テクニカルにしても材料にしても多少何らかの自信を持って取引をしているものと思います。しかし、自分の取引は完璧だとは思っていなくて、いつも不安を抱きながら取引をしています。

1.どこで売買するかわからない。

2.利食い後に不満が残る。

3.損切りがわからない。

4.ダマシが多くて利益がでない。

不安があるからいつもセミナーで学ぼうとしたり、情報商材をっ買ったりしますが、多くの場合儲かっている人の手法と同じ手法で利益を上げようと思っても上手くいきません。

その原因の一つは、初めにどれだけ利益を上げられるかだけを考えているので、利益を上げるための経費ともいえる損を出すことに耐えられないためです。

でも、すぐに上手にできなくて当たり前です。地道にひとつひとつをクリアしていけば、大きくは勝てなくても、負けないトレードが必ずできるようになります。そのクリア第一号が「損切り」です。

損切りができるようになるということは、ポジションがわかるわけですから、どちらのトレンドで売買しているかが変わります。その損切りを繰り返すことは、売買ポジションを明確にすることでもあり、自分の売買パターンがわかるようになります。その売買方法をもつことがクリア第二号となります。

トレンドの始まりは勢いがあります。グラフを眺めているとどうしてもそこに目が行きがちで、そこに飛び乗ってしまいます。このような感じだけの売買を繰り返していると、自分を見失ってしまいます。クリア第三号である自分のトレード方法を作り上げるためには、損切りを恐れないで実行できることにつきるのです。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

損切りの心理的影響

言い方が古いが、古今東西「名人」といわれる人ほど損切りが上手で、日計り(デイトレード)など夢の時代でも、極端に言えばその日のうちに処分してしまうなんてこともしばしばでした。お金の動きがグローバルで1日 …

no image

手仕舞いがすべて

「相場は人気の裏を行く」の通り、市場に参加している投機家は、強気・弱気そして常に迷っている。需要・供給・取り組み・出来高・人気・日柄のファンダメンタルズを考慮してもよく分からないのが本音。相場の奥義が …

no image

相場こそ休むべし

相場の世界に身をおく人で、この相場金言を知らない人はいないと思う。この金言を作ったご本人がこの「休む」ことができなかったという。それほど相場で休むことは難しいといわれる。休みといえば、1ヶ月のこともあ …

no image

相場は相場に聞く

「人見て相場を張るなかれ」ということは、誰がどうした彼はこうしたという情報で売買をするなということである。 あくまでも自分の感情をまじえないで、相場は相場に聞く態度が肝要である。 ところが人は、「見た …

no image

相場で勝ち続けるアイデアはありますか?

いくら儲けたいのか?といったら、ひと区切りの1億円とをいうかも知れません。「1億円を達成・・・」などという副題のついた本もあるくらいですから。この手の本を読んだことのある人は多いはずです。なぜなら誰で …