相場の心得

建玉を分割で売買する方法

投稿日:

建玉を分割すれば、平均値を有利にできるうえに安心感があるので実行しやすいといえます。建玉を分割するのですから、最低で2分割になります。建玉の予定が10枚であれば、5枚を2回に分けて建玉します。

最初の建玉

はじめの建玉は、単純な売買と同じです。上がったところか下がったところを、逆張りで建玉をします。急激な転換で逆行がない場合には見送るか、落ちついた値動きになってから建玉しても十分です。

残りの建玉

難平(ナンピン)をして平均値を有利にするのではなく、最初の建玉に利益が乗ったら、残りの建玉をして精神的に楽にします。このときも逆行で建玉をします。建玉に利益が乗るということは、単に利益勘定になることではなく、建玉をすると判断した時点の終値より有利になることです。

分割手仕舞い

予定枚数の建玉が終了したら、分割して手仕舞いをします。最初の建玉が逆行して、予定数に達しなかったら、利益が乗っていないことですので即手仕舞いです。数日間連続して順行したところか、ストップ高(安)になったら半分手仕舞います。

残りの手仕舞い

さらに順行して次ぎのストップ値段で、全量手仕舞います。もちろん反対の動きになってから手仕舞いしても十分です。

損切り

建玉の損金が最大でも証拠金の額をつけてしまったら、翌日にすべての建玉を強制処理します。このとき「戻るかもしれない」と思うのは幻想です。戻らないから大損をしている人がたくさんいるのです。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

過去の投資結果を気にしない

投資は儲かる場合もあれば、失敗して損する場合も当然あるわけで、毎回儲けることが理想的でも、実際には困難です。逆にうまくいかないことのほうが多いといえます。勝ち続けることが困難である以上、唯一勝つことが …

no image

相場の大敵は恐怖感

投資は偶然でも「儲ければすべてよし」なのです。だからといって、「少し待ってみよう」とか「明日の様子をみからにしよう」と判断したとして、損失が縮小する保証はどこにもありません。「改善する」「変わらない」 …

no image

先物相場の波を泳ぐ

相場は売と買の二つしかありませんから、当たる確率は二分の一ということになります。それだからといって、損益の確率も二分の一かというとそうではありません。当たる確率が二分の一だということは、今の時点から次 …

no image

相場こそ休むべし

相場の世界に身をおく人で、この相場金言を知らない人はいないと思う。この金言を作ったご本人がこの「休む」ことができなかったという。それほど相場で休むことは難しいといわれる。休みといえば、1ヶ月のこともあ …

no image

先物相場の心構え

相場をバクチと同じと考えるなら、勝ち負けは「時の運」ということになります。勝ちか負けしかないところだけを見ると、相場も運に左右されると言えるかもしれません。相場に限らず「勝負ごと」は、理屈抜きに利益に …