相場の心得

相場の儲けかたを考える

投稿日:

これであなたにできるすべてが分かりました。ところで、一番下に書いた資金が少なければ、その上に書いた仕事で、できないものもでてきます。資金が豊富にあれば、なにも仕事で収入を得なくても良いでしょう。

つまり限られた資金では、限られた仕事しかできないのです。在庫不要のネットビジネスをやるにしても、小額の資金を投入してはじめることはできますが、これらの仕事(?)は、無尽蔵と言えるほどありますから客集めが大変です。

さて、あなたがここにきたのは、自己資金で仕事を探すためではなくて、楽して儲ける具体的な方法を見つけるためではありませんか?いろいろなホームページを見て、「これならイケル!」とひらめいたものはありましたか?一言でいえばそんなものはこの世にはありません。誰でも楽したいと考えていて、自分の名誉や欲しいもののためには働きますが、人のためなどと思ったこともない人ばかりと考えて間違いありません。

そして、社会の中では資金を出した側から、その人のために働いた人にお金が流れ、結果的に意識したかどうかにかかわらず、社会のために働かされていて、生かされていることになります。せっかくここまで来たのですから、もう少し分かりましょう。

社会のためとは言っていても、結局儲けたいのは誰なのか。あなたが儲けたいと思うのなら、他人が儲けているのを黙って見ていることはありません。紙に書いたものを上から順に、「あなたが → したかったり欲しいもの」のためにだけ少しずつやるのです。このことを明確にしておかないと、あなたの未来があやふやなものになってしまいます。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

損切りの確定方法

損切りで損失が確定すると、結果の損益はマイナスになって一時的に「嫌な気持ち」になるかもしれませんが、少なくとも「損失が拡大する恐怖感」はありませんから、早く損失を確定してしまったほうが、再出発が可能で …

no image

相場の大敵は恐怖感

投資は偶然でも「儲ければすべてよし」なのです。だからといって、「少し待ってみよう」とか「明日の様子をみからにしよう」と判断したとして、損失が縮小する保証はどこにもありません。「改善する」「変わらない」 …

no image

先物相場成功のカギ

日本の社会は、勝組と負組みなどといわれ、所得格差の広がりが顕著になってきたようです。努力すれば乗り切れるのなら、皆が努力を惜しまないでしょう。同じような努力をしても、報われる人とそうでない人がいるのは …

no image

建玉を分割で売買する方法

建玉を分割すれば、平均値を有利にできるうえに安心感があるので実行しやすいといえます。建玉を分割するのですから、最低で2分割になります。建玉の予定が10枚であれば、5枚を2回に分けて建玉します。 最初の …

no image

テクニカル指標の選び方

一般に使われているテクニカル指標は100種類以上あると言われていますが、有名な指標は古い新しいにかかわらずどこかで誰かに使われていて、その指標のすべてで誰かが利益を上げているから現在でも存在しています …