相場の心得

相場を仕事にする

投稿日:

これまでのあなたは、今の収入以外に、お金を得ることを考えていました。サイドビジネスの情報を検索したり、あるいはもうネットビジネスをはじめていて、もっと儲かりそうなやりかたを探していたのかも知れません。いや、少なくともここに来たということは、先物取引をやっているか、勉強中ではないでしょうか。

でも、まだ実際の売買をする勇気がなかったり、なかなか思ったように儲からなかったりしています。ここでは、できるだけ分かりやすく順を追って「なぜ始じめられないか」「なぜ儲からないか」ということを解明し、どうすれば儲かるかを考えていきます。

最初に、読みかけの相場の本や必勝本があったら、しばらくの間忘れてください。次ぎに、紙と書くものを用意してください。紙は何でもいいのですが、書くものはサインペンかボールペンにしてください。先ずその紙の上端に、名前を書きます。その下に自分がいま欲しいと思っているものを、すべて書き出してください。

20項目くらいありましたか?その下に仕事をしながら収入を得ることのできる、具体的な仕事を書き、その仕事をするために必要な資金を書き出してください。書きましたか?続いて最後に、紙の一番下に自分がいま出資できる金額と、その仕事に当てることのできる時間を書きます。ここまでくれば、賢明なあなたは気づいたと思います。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

相場で勝ち続けるアイデアはありますか?

いくら儲けたいのか?といったら、ひと区切りの1億円とをいうかも知れません。「1億円を達成・・・」などという副題のついた本もあるくらいですから。この手の本を読んだことのある人は多いはずです。なぜなら誰で …

no image

相場に運は必要か

運が良かったとか悪かったとかは、いつ誰にでもあることだが運を天に任すことなどできないのが相場の世界である。宝くじが当たるかどうかも、買わなければ当たらないのと同じように100枚買った1枚も、1枚しか買 …

no image

先物相場の心構え

相場をバクチと同じと考えるなら、勝ち負けは「時の運」ということになります。勝ちか負けしかないところだけを見ると、相場も運に左右されると言えるかもしれません。相場に限らず「勝負ごと」は、理屈抜きに利益に …

no image

相場で儲けたいということ

日本の資産が海外で投資されるようになって、日本経済は単に物を作って売る工業社会から、いやおうなしに相場というバクチにかかわり合う金融経済社会に急速に変わりました。バクチが嫌いな人でさえ、大切なお金を防 …

no image

手仕舞いがすべて

「相場は人気の裏を行く」の通り、市場に参加している投機家は、強気・弱気そして常に迷っている。需要・供給・取り組み・出来高・人気・日柄のファンダメンタルズを考慮してもよく分からないのが本音。相場の奥義が …