相場の心得

相場を仕事にする

投稿日:

これまでのあなたは、今の収入以外に、お金を得ることを考えていました。サイドビジネスの情報を検索したり、あるいはもうネットビジネスをはじめていて、もっと儲かりそうなやりかたを探していたのかも知れません。いや、少なくともここに来たということは、先物取引をやっているか、勉強中ではないでしょうか。

でも、まだ実際の売買をする勇気がなかったり、なかなか思ったように儲からなかったりしています。ここでは、できるだけ分かりやすく順を追って「なぜ始じめられないか」「なぜ儲からないか」ということを解明し、どうすれば儲かるかを考えていきます。

最初に、読みかけの相場の本や必勝本があったら、しばらくの間忘れてください。次ぎに、紙と書くものを用意してください。紙は何でもいいのですが、書くものはサインペンかボールペンにしてください。先ずその紙の上端に、名前を書きます。その下に自分がいま欲しいと思っているものを、すべて書き出してください。

20項目くらいありましたか?その下に仕事をしながら収入を得ることのできる、具体的な仕事を書き、その仕事をするために必要な資金を書き出してください。書きましたか?続いて最後に、紙の一番下に自分がいま出資できる金額と、その仕事に当てることのできる時間を書きます。ここまでくれば、賢明なあなたは気づいたと思います。

-相場の心得

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

勝てない理由を理解する

勝てない投資方法でトレードを続けていても、ある日突然勝てるようになることはありません。それが心理的なものなのか技術的なものなのか、すこし立ち止まって原点を見つめてみましょう。 多くの投資家は、テクニカ …

no image

如何に生き残るか

相場の上下は1/2である。8割~9割を狙ってはいけない。狙っても取れないから、目指しても無駄だということだ。相撲でいえば、8勝の勝ち越しで十分である。10勝以上を三場所も続けなければ大関にはなれない。 …

no image

次の一手が肝要

市場は24時間365日取引が行なわれ、株式市場は休みの日は除いても、今日も明日も明後日も休みなく開かれます。負けて撤退する人もいれば、新たに参入してくる人もいます。いつも新しい血が流れ込み、常に株式市 …

no image

先物相場の心構え

相場をバクチと同じと考えるなら、勝ち負けは「時の運」ということになります。勝ちか負けしかないところだけを見ると、相場も運に左右されると言えるかもしれません。相場に限らず「勝負ごと」は、理屈抜きに利益に …

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …