先物取引を始めるには

先物取引の中でもFX取引は文字通り為替証拠金取引です。米国ドルや英ポンドノートなどの「為替の値動き」を利用して少ない資金で毎日利益を出すことも可能です。
相場で利益を上げるのに必要なものは取引のしくみノートを知って投資技術を学び、どんなタイミングで売買するか「ルールを決め」て行動できるかにつきます。
市場では損した分を誰かが儲けていることは確かですが、100パーセント勝つ手法はありません。負けることも受け入れて、トータルで儲けることのできるトレードの方法を身につける必要があります。
FX、先物と聞くと預けたお金が全部無くなるどころかさらに借金をすることになるなどとイメージする方もいるかもしれませんが、預けた証拠金以上の損失は強制決済で損失を最小限に抑えられます。
PCやスマホの操作ができて、入金や出金に使える銀行口座とこの口座を持っている本人を証明できる保険証などがあれば、すぐにでも取引会社に専用口座が作れて、インターネット上で24時間どこでも取引ノートができます。

資金はいくらあればいいのか?






ペン通貨ペア

通貨ペアとは取引をする通貨の組合せのことです。『USD/JPY(米ドル/日本円)』とか『GBP/JPY(英ポンド/日本円)』と表記されます。左の通貨が『主要通貨』右の通貨が『決済通貨』と言い、米ドルや英ポンドを売買して日本円で決済することになります。

また、売買はどの通貨ペアで行うかも大切です。『GBP/JPY(英ポンド/日本円)』は動く値幅が大きく利益も得やすいと言われ人気がありますが、USD/JPYもGBP/JPYも変動率に差はありません。何が人気かと言われれば、元の金額がポンドの方が大きいからです。

同じ10,000通貨で利益が大きくなるならポンドでと考えがちですが、当然ドル/円に比べて証拠金が高い、スプレッドが広いなどのマイナスを考慮してもやる価値があるかどうかは考え方次第です。

様々な通貨ペアのチャートを並べてみてください。トレンドの違いこそあれ、波動はなんとなく似ていませんか?少なくとも初心者が慣れるまでは、基本中の基本である『米ドル/円』から始めるのがいいと思います。

先頭へ

ペン取引のしくみ

FXや先物取引は現物市場とは違って、何も持っていなくても「買ったり」「売ったり」できる仕組みがあります。詳しくは解らなくても、開かれた市場で魅力のある取引しているのであれば、挑戦してみる価値は十分にあるはずです。更に詳しくはこちら・・・

先頭へ

ペンFXの取引時間

東京外国為替市場 ロンドン外国為替市場 ニューヨーク外国為替市場
朝9時~17時(日本時間) 夕方16時~深夜2時(日本時間) 夜21時~翌朝6時(日本時間)

※ 冬時間は上記時間プラス1時間

    1. FXの取引時間は、土日を除いた平日24時間可能です。
    2. 祝日は各国の祝日によります。日本が祝日の時、東京市場は休みで海外の市場は開いている場合は取引が可能です。
    3. 冬時間(米国標準時間)[11月第1日曜日~3月第2日曜日]の取引時間は、日本時間で月曜午前7時から土曜午前7時です。
    4. 夏時間(米国サマータイム)[3月第2日曜日~11月第1日曜日]の取引時間は、日本時間で月曜午前7時から土曜午前6時です。
    5. 年末年始は、12月31日から1月2日までFX業者の休みになるため取引ができませんが、念のためにお使いのFX会社のスケジュール確認を忘れずに。24時間取引をもう少し詳しく・・・
先頭へ

更新日: