FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

いつ買い、いつ売るのか?

よく相場で儲けるためには「安く買って高く売ること」と言われます。ではいつが安いのでしょうか?
「今日の円相場は大幅な円高となっています」というニュースが流れて、ドルが安くなった時でしょうか?いいえそんな単純ではなく、いったん下げた相場はさらに下げるかもしれないので危険です。
下げ続けていた相場の下げが止まり、上向きになった時の動きをつかむには、テクニカル指標などを見て判断の材料とするノートのが適当です。
しかし、これは誰もが見ている指標であり、数多く組み合わせたから利益が上がるわけではありません。
むしろ相場に向かうとき、単純なやり方ができる武器を持つノートことが大切になります。

なにをやったらいいかわからない

余白

ペンテクニカルトレード

各種の市場や銘柄のチャートを確認することで、環境認識をしてエントリーやエグジットの判断をするトレードをテクニカルトレードといいます。テクニカルトレードは過去のチャートを確認し検証することにより優位性が成立することを根拠とした統計学的なトレード手法です。チャートにはその時点で全ての事象や環境が織り込まれているとして、チャート以外の全ての外部要因や情報を無視します。

先頭へ

売買量
エントリーのサイン
損切
利食い

ペン相場の武器

相場の値動きを知ることができるのは「チャート」しかありません。チャート本を購入するか、商品先物会社や証券会社主催のセミナーなどに参加すれば、テクニカル分析などはほとんど無料で勉強することができますが、なんとしても自分でものにしなければならないものは、チャートの読み方です。もう少し詳しく・・・

先頭へ