いつ買い、いつ売るのか?

よく相場で儲けるためには「安く買って高く売ること」と言われます。ではいつが安いのでしょうか?「今日の円相場は大幅な円高となっています」というニュースが流れて、ドルが安くなった時でしょうか?いいえそんな単純ではなく、いったん下げた相場はさらに下げるかもしれないので危険です。
この下げた時を「値ごろ感」で買ってはいけません。1ドル100円が90円になっても、値ごろ感などを当てにしてはいけません。80円まで下げる可能性があるのですから。相場にあるのは目先の上げ下げだけです。
下げ続けていた相場の下げが止まり、上向きの動きをつかむには、テクニカル指標などを判断の材料とするノートのが適当です。これは誰もが見ている指標であり、いくら組み合わせたからと言って勝率は上がりません。相場に向かうときには、自分なりのしかも単純な武器を持つノートことが大切になります。
環境を把握ノートし、最初のエントリーノートして、最初のポジションノートを持ち ⇒ 逆の動きをしたら損切りノート ⇒ 利が乗ったら利食い ⇒ 新たな建玉(途転)この繰り返しがトレードの基本になります。

なにをやったらいいかわからない





余白

ペンテクニカルトレード

各種の市場や銘柄のチャートを確認することで、環境認識をしてエントリーやエグジットの判断をするトレードをテクニカルトレードといいます。テクニカルトレードは過去のチャートを確認し検証することにより優位性が成立することを根拠とした統計学的なトレード手法です。チャートにはその時点で全ての事象や環境が織り込まれているとして、チャート以外の全ての外部要因や情報を無視します。

先頭へ

ペン相場の武器

相場の値動きを知ることができるのは「チャート」しかありません。チャート本を購入するか、商品先物会社や証券会社主催のセミナーなどに参加すれば、テクニカル分析などはほとんど無料で勉強することができますが、なんとしても自分でものにしなければならないものは、チャートの読み方です。もう少し詳しく・・・

先頭へ

ペン環境認識

「チャート」を見て、ローソク足の動きから相場の方向を知ることです。何となく上がっている?と見るのではなく、上げ相場(アップトレンド)は、以下のようになり、下げ相場(ダウントレンド)はこの逆になります。

・アップ(上昇)トレンドの時は①と③が安値、②と④が高値

・ダウン(下降)トレンドの時は①と③が高値、②と④が安値

※ チャートのトレンドとは「ローソク足の流れ」をいい、右肩上がりを「上昇トレンド」、右から下がりを「下降トレンド」という。

先頭へ

ペンエントリー

エントリーは「売」か「買」かの2つですが、注文の仕方にはいくつかの方法があります。

成り行き注文 マーケットで表示されている値段で「売買」
指値注文 100円の時98円に下がったら「買」98円の時100円になったら「売」と有利になったら売買
逆指値注文 指値注文とは逆に上がったら「買」下がったら「売」という注文
IFD注文 最初の注文が成立したら、損切りか利益確定次のページへエントリー方法はこちら・・・
OCO注文 ダフルの指値注文で、片方が確定したら片方の注文はキャンセル
IFDO注文 買い注文と売り注文をセットで発注する注文
先頭へ

ペンポジション(建玉)

ポジションとは、売か買の注文が成立して、まだ決済をしていないもの、つまり未決済の建玉(たてぎょく)を言います。買いを「ロング」売りを「ショート」とも言います。「ドルロング円ショートポジション」は「ドル買い円売りのポジション」のことですが、こんな言葉に慣れ親しんでいるようでは下手の横好きで終わってしまいます。

肝心なことは、売り買いのエントリー(注文)でポジション(建玉)を持つ ⇒ 損切になるか利益になってポジション(建玉)を決済する。この三つ以外覚える必要はありません。・・・以上です。

先頭へ

ペン損切(そんぎり)・売買量

口座資産と損切で売買量を決める方法をご紹介します。損切りは時間軸(ローソク足の時間)によって金額が違いますが、仮に1ロット1,000通貨なら、米ドル/円(USD/JPY)で証拠金が5,000円、損切りが証拠金額以内の50銭(500円)でも、口座資産÷(証拠金×3)=でトレード枚数を決めます。

口座資産が5万円で3枚、10万円で3枚までというと、余裕があり過ぎると思うかもしれませんが、100倍のレバレッジであれば25枚も可能ですが、レバレッジが低くなれば当然のことです。これで途転(ドテン)を含めたトレード方法に幅ができるようになります。

肝心の損切は、最大で買いなら「上げてきた値幅」売りなら「下げてきた値幅」と考えるのが妥当ですが、波動は様々ですので最大20銭と最初から決めておく手もありますが、あまりお勧めはできません。次のページへ注文と損切を同時に注文する方法はこちら・・・

先頭へ

更新日: