いつ買い、いつ売るのか?

よく相場で儲けるためには「安く買って高く売ること」と言われます。ではいつが安いのでしょうか?「今日の円相場は大幅な円高となっています」というニュースが流れて、ドルが安くなった時でしょうか?いいえそんな単純ではなく、いったん下げた相場はさらに下げるかもしれないので危険です。
この下げた時を「値ごろ感」で買ってはいけません。1ドル100円が90円になっても、値ごろ感などを当てにしてはいけません。80円まで下げる可能性があるのですから。相場にあるのは目先の上げ下げだけです。
下げ続けていた相場の下げが止まり、上向きの動きをつかむには、テクニカル指標などを判断の材料ノートとするのが適当です。これは誰もが見ている指標であり、いくら組み合わせたからと言って勝率は上がりません。相場に向かうときには、自分なりのしかも単純な武器を持つノートことが大切になります。
環境を把握ノートし、最初のエントリーノートして、最初のポジションノートを持ち ⇒ 逆の動きをしたら損切りノート ⇒ 利が乗ったら利食いノート ⇒ 新たな建玉(途転)この繰り返しがトレードの基本になります。

なにをやったらいいかわからない




ペン判断の材料

各種の市場や銘柄のチャートを確認することで、環境認識をしてエントリーやエグジットの判断をするトレードをテクニカルトレードといいます。テクニカルトレードは過去のチャートを確認し検証することにより優位性が成立することを根拠とした統計学的なトレード手法です。チャートにはその時点で全ての事象や環境が織り込まれているとして、チャート以外の全ての外部要因や情報を無視します。

先頭へ

ペン相場の武器

相場の値動きを知ることができるのは「チャート」しかありません。チャート本を購入するか、商品先物会社や証券会社主催のセミナーなどに参加すれば、テクニカル分析などはほとんど無料で勉強することができますが、なんとしても自分でものにしなければならないものは、チャートの読み方です。next_openつづきを読む
next_open詳身銭を切って検証したものだけが武器になる

先頭へ

ペン環境認識

「チャート」を見て、ローソク足の動きから相場の方向を知ることです。相場がいま「上昇トレンド」にあるのか「下降トレンド」にあるのを簡単に見分けることができて、売りか買いかが分かります。next_open詳細

先頭へ

ペンエントリー

エントリーは「売」か「買」かのいずれかですが、注文の仕方にはいくつかの方法があって難しそうですが、危険の少ない方法を選択できます。next_open詳細

先頭へ

ペンポジション(建玉)

ポジションとは、売か買の注文が成立して、まだ決済をしていないもの、つまり未決済の建玉(たてぎょく)を言います。買いを「ロング」売りを「ショート」とも言います。「ドルロング円ショートポジション」は「ドル買い円売りのポジション」のことですが、こんな言葉に慣れ親しんでいるようでは下手の横好きで終わってしまいます。

肝心なことは、売り買いのエントリー(注文)でポジション(建玉)を持つ ⇒ 損切になるか利益になってポジション(建玉)を決済する。この三つ以外覚える必要はありません。・・・以上です。

先頭へ

ペン損切(そんぎり)・売買量

損切はルールで決めた一定の損失額か値幅に達したら、損失を確定して取引を終了することです。next_open詳細
next_open注文と損切を同時に注文する方法
next_open口座資産と損切で売買量を決める

先頭へ
先頭へ

ペン利食い(りぐい)

利食いはもっとも難しいと言われています。たしかに、納得でないことが多いのでそう言われたりもしますが「利食い千両」と言われるように、最高のパフォーマンスでなくても利益が出れば良しとしましょう。next_open詳細

更新日: