資金はいくらあればいいのか?

資金は多いことに越したことはない!のですが、FXの最大の魅力でもあるレバレッジノートを利用すれば、少ない資金で取引を始めることができます。
すぐにでも始められる最低の資金は、ドル/円で1ロット(1枚)ノート1,000ドル単位なら1枚分の証拠金5,000円と、数回の損に耐えられる証拠金以外の資金を合わせて10,000円は必要です。
FXは他の金融商品と比べたら低コストですが、売買手数料が無料とはいえ、見えないコストと言われているスリッページノートスプレッドノートがあります。仮にスプレッドが1トレードあたり0.3銭でも、1日10回の売買で月に支払うコストは60銭(60pipsノート)にもなります。
実際には取引ツールの好みにも個人差がありますので、取引コストと合わせてまずは信用できる取引会社ノートの条件を認識し、FX業者ノートに口座を作ることも大切な準備のひとつです。

全ては自己責任であること





業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

ペン証拠金とレバレッジ

レバレッジを正しく理解することで、より少ない資金で効率よく利益を上げることが可能となります。next_open詳細

先頭へ

ペンロット(Lot)とは取引単位のこと

1,000通貨や10,000通貨などの最少の取引できる通貨単位を1ロットと言う。next_open詳細

先頭へ

ペンスリッページ(約定が滑る)

スリッページとは、注文した価格と実際に約定された価格の差のことを言います。 変動が大きい相場になったときに、指定した値段で成立せず約定が滑ることを指します。リッページが発生して、有利なレートで約定するのは歓迎ですが、多くの場合不利なレートで約定させられます。これはスリッページではなく「スプレッドが開いたからだ」という方もいますが、ことは資金の少ない投資家にとっては大問題で、大きなニュースが出そうなときは取引を止めておくことをお勧めします。next_open詳細
危険を回避するnext_open詳細

先頭へ

ペンスプレッド

相手方は安く買って高く売ることができますから、最初から負けています。この買値と売値の差がスプレッドです。next_open詳細

先頭へ

ペンpips(ぺェプス)について

pipsはピプスと読む為替の最小単位で、米ドル/円なら1銭、ユーロ/米ドルなら0.01セントです。取引では使わない単位ですので覚えなくても構いません。月に500pips(500銭=5円)勝てばトレーダーとしても優秀だと言われたりします。next_open詳細

先頭へ

ペン信用できる取引会社を選ぶポイント

資金を預けて実際の取引を始める前に、デモトレードで取引ツールが使いやすいかどうか試してみましょう。自分の感覚に合う取引ツールがあることは重要ですが、それより大切なことは、取引にかかわるコストである手数料が安いのは勿論のこと、預けた資金が安全に管理されることが資金を預ける業者を選ぶポイントです。預け入れた資金と、会社の資金が別々に管理されているかどうか、信託保全・分別保管されているかを必ずチェックしましょう。next_open詳細

先頭へ

ペンFX会社はこんな基準で選ぶ

申込は簡単!最短翌日には口座開設ができるのがほとんどです。会社が大きいというだけでなく、以下の内容も比較してみてください。next_open詳細

先頭へ