FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

資金はいくらあればいいのか?

資金は多いことに越したことはない!などとは言いません。FXの最大の魅力でもあるレバレッジノートを利用すれば、少ない資金で取引を始めることができます。
具体的にはドル/円で1ロット(1枚)1,000ドル単位ノートなら証拠金5,000円と損切り数回分を合わせて最低10,000円は用意しましょう。最低1枚分の証拠金と数回の損に耐えられる証拠金以外の資金は必要です。
売りと買いを1日何回も取引しますから、売買手数料は原則無しでスプレッドも安いことが重要です。
手数料ノートは業者によって違いがありますが、まずは信用できる取引会社を選びましょう。

全ては自己責任であること

業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

ペン証拠金とレバレッジ

レバレッジを正しく理解することで、より少ない資金で効率よく利益を上げることが可能となりますが・・・もう少し詳しく・・・

先頭へ

ペン通貨単位

通貨単位とは、取引を行う際の売買単位のことです(1通貨単位は米ドルの場合1ドル、英ポンドの場合1ポンド)。FXでは扱える通貨の単位がFX業者毎に決まっていて、日本の業者は『1万通貨単位』や『1,000通貨単位』が主流となっています。デモ ⇒ 1,000通貨 ⇒ 10,000通貨と増やしていくのがいいと思います。

取引をする際は、このLot数を指定して取引を行います。1Lotあたりの通貨単位は業者毎に異なっており、日本のFX業者では主に『1Lot=1万通貨』『1Lot=1,000通貨』となっています。商品先物取引の名残で『1Lot=1枚』と呼ぶこともあります。管理人もピンを1枚と言います。

先頭へ

スプレッド

FXの魅力は何といっても低コストであることです。FXは株や外貨預金に比べたら微々たるコストしか掛かりません。しかも手数料無料は今や当然となりました。しかし、実はFXには手数料以外にもう一つ見えないコストがあります。それがスプレッドなのです。

ニュースなどで為替レートを紹介するとき、「今日の外国為替市場は1ドル100円10銭から15銭です」なんて言ってますよね。これは買値が100円10銭、売値が100円15銭ということです。これは売りの相手方が安い方で売って、高い方で買ってくれるというものです。円でドルを取引したいトレーダーは、売値の100円15銭で買わされ、買値の100円10銭で買取ってくれるというものです。

つまり、買った瞬間に5銭の損が出ていることになります。買った値段より5銭上がって損益なしになります。売りも考え方は同じで、安い方で売ったら高い方で買い戻ししてくれるというものです。

海外旅行などで円をドルに替えるときには往復だけですのであまり気にしないとおもいますが、外貨預金は預けた瞬間に1円の為替差損が発生し、1万ドル預けたら、1万円の手数料なんてことも起こります。スプレッドは業者を選ぶ際にも重要なポイントです。

先頭へ

FX会社はこんな基準で選ぶ

申込は簡単!最短翌日には口座開設ができるのがほとんどです。会社が大きいというだけでなく、以下の内容も比較してみてください。



DMM FX24時間サポート


トレイダーズ証券 FX16通貨1,000通貨から取引
    • なんで人気があるか?
    • 取引手数料無料でスプレッドは?(業界水準0.3銭USD/JPY)
    • 1万通貨以外1,000通貨の取引はできるか?
    • サポートは複数あるか?(メール、電話、LINEなど)
    • ツールの見やすさ操作性はどうか(パソコン、スマホ)
    • 入金・出勤時の手続きはどうか?(振込料無料のクイック入金・翌々月客口座へ出金)口座開設に必要な書類の確認する・・・
先頭へ

信用できる取引会社を選ぶポイント

資金を預けて実際の取引を始める前に、デモトレードで取引ツールが使いやすいかどうか試してみましょう。自分の感覚に合う取引ツールがあることは重要ですが、それより大切なことは、取引にかかわるコストである手数料が安いのは勿論のこと、預けた資金が安全に管理されることが資金を預ける業者を選ぶポイントです。預け入れた資金と、会社の資金が別々に管理されているかどうか、信託保全・分別保管されているかを必ずチェックしましょう。もう少し詳しく・・・

先頭へ