金融と投資

仮想通貨 コインチェック 詐欺集団?

仮想通貨(virtual currency)は、米ドルやユーロ、日本円(法定通貨)に対して、国家による価値の保証を持たない通貨のことで、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨(暗号通貨)と定義されています。

手元の日本円などにも通し番号はありますが、仮想通貨にも番号がついていて番号によって管理されているので極めて安全だと考えられます。しかし、

-2018年1月26日、仮想通貨の大手取引所であるコインチェックは、日本円にして約580億円分の仮想通貨が不正に送金されたと発表した。過去最大規模となる今回の流出事件から、取引所のシステム不備や大金を生む取引所の収益構造など、熱狂する仮想通貨市場の盲点が浮き彫りになった。(「週刊ダイヤモンド」編集部 田上貴大)-

と報道されました。

まず、仮想通貨取引所と言われるコインチェックですが、なんの保証もしない業者(信託保全はないの?)がなぜ取引所なのか?ある30代の男性投資家は日本円にして約5000万円を預けたと書かれていましたが、コインチェックの何を信用して預けたのでしょうか?仮想通貨の仕組みがわからない私にとっては不思議なことばかりです。

何を見ても何を読んでも、書いている人が本当に理解して書いているのかさえ分からない状態です。やっぱり、コインチェックは詐欺集団ではないか?と疑っています。(2018年1月現在)コインチェックはオンラインで管理していたと言われていますが、自社の持ちものであって顧客に責任はありません。そこは分離して管理しようがしまいが業者の責任です。

和田晃一良社長は学生の時からゲームを作っていたときいてますし、プログラムが作れるのですから当然セキュリティー対策にも詳しいはずですよね。それで盗まれたはないですよ。記者会見のときの役員の顔つき!怪しくないですか?

それに、仮に盗まれたとしても先に書いたように「暗号通貨」なのですから、取引停止にるか法定通貨に交換できなくすれば良いわけですし、番号を公表すれば盗品を買う人もいないはずです。それが仮想通貨の勇逸いいところなのですから。

金融庁の対応も遅く「顧客対応も含め全ての説明が不十分」と業務改善命令を出したのはいいいのですが、役人仕事でことが大きくならないとやらないのはいつもと同じです。

[最終更新日] 2018/02/06







-金融と投資

先頭へ