テクニカル相場分析

MACD(マックディー)

MACDは2本の指数平滑移動平均線(EMA)を用いて、直近にウエートをおいた移動平均と、その差を棒グラフであらわし、方向性やカイ離を見る指標で、オシレーター系に分類されます。

上図下部のMACDは、シグナルというMACD値の移動平均線と、ヒストグラムというMACDとシグナル線の差を棒グラフとして表示させたものです。

MACDというと、例の雲のあるチャートを連想した方も多いのではないでしょうか。見た目複雑すぎてとっつきにくそうなチャートも、基本的には2本の移動平均線とその差を表したヒストグラムの組合せです。

大変人気のあるMACDですが、相場が変化する日を数値で示したまでは良いが、予測できない事態の発生によって延長されることや、目先・小勢・中勢・大勢の期間も天井から底まで、多くの組み合わせがありその都度都合よく解釈されやすいところに欠点があります。

[最終更新日]2017/03/31

-テクニカル相場分析


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

平均足(コマ足)

平均足は色の変化でトレンドがわかりやすい ローソク足が始値、終値、安値、高値の四つの価格情報がひとつの足がで描かれのに対し、平均足は開始値が「1本前の足の始値と終値の平均」終値は「高値・安値・始値・終 …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

ローソク足

白いローソクが上昇、黒いローソクが下降を表す ローソク足は、1日の値動きのうちの、始値・高値・安値・終値の四本値をひとつの記号(形)にしたものです。その1日の動きをローソクの形をしたローソク足を、何日 …

no image

グランビルの法則

テクニカル指標としてポピュラーなのが移動平均線です。移動平均線はある期間の平均株価を移動させることで、相場の方向や転換点を知ろうとするものであリ、移動平均線を利用して売買するときの基本となるのが「グラ …

no image

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。そこで、株式の本質的価値と市場価格にギャップ …

先頭へ