テクニカル相場分析

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎなので買いと判断する「逆張り」の売買手法として使われます。

ストキャスティクスはRSIと同じように70%以上なら買われ過ぎ、30%なら売られ過ぎと判断し売買の指標とします。%K(Kライン=黄緑)と%D(Dライン=黄)という2本の線から売買ポイントを見つけ出そうとするテクニカル指標です。

下図のように、KラインとDラインの2本が交差するサインを見ると、かなり複雑で売買の判断に迷うところです。

ストキャスティクス

逆にRSIは、ラインが単純で見やすいと言えるかもしれません。ローソク足との関係はもっと明確で、短期の移動平均線の上に陽線が増えるに従ってRSIも上昇していきます。そして、ローソク足がピークに達することにはRSIが70%を超えています。

相対力指数

[最終更新日] 2017/03/31

-テクニカル相場分析


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差の線をチャートに重ねて描き、ローソク足が移動平均線を上に抜いたら上昇の圧力が強いと判断し、逆に下に向けたら下降の圧力が強いと判断する順張りのテクニカル指標で …

no image

グランビルの法則

テクニカル指標としてポピュラーなのが移動平均線です。移動平均線はある期間の平均株価を移動させることで、相場の方向や転換点を知ろうとするものであリ、移動平均線を利用して売買するときの基本となるのが「グラ …

no image

MACD(マックディー)

MACDは2本の指数平滑移動平均線(EMA)を用いて、直近にウエートをおいた移動平均と、その差を棒グラフであらわし、方向性やカイ離を見る指標で、オシレーター系に分類されます。 上図下部のMACDは、シ …

no image

パターン分析系

天井圏で売って底値圏で買い戻したいと思うのは、できないことと知ってはいても万人共通の願望です。その目標に少しでも近づくために、天底のパターンを知ろうとする人は多いと思います。そのパターンも時系列のもの …

no image

チャートとテクニカル分析

ファンダメンタルズ分析が専門家や経済学者が「株価や為替は年末までにいくらになる」と予測するのと同じなら、それだけではいつ売買するかがわかりません。ファンダメンタルズ分析で環境を把握したとしても、価格と …

先頭へ