テクニカル相場分析

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎなので買いと判断する「逆張り」の売買手法として使われます。

ストキャスティクスはRSIと同じように70%以上なら買われ過ぎ、30%なら売られ過ぎと判断し売買の指標とします。%K(Kライン=黄緑)と%D(Dライン=黄)という2本の線から売買ポイントを見つけ出そうとするテクニカル指標です。

下図のように、KラインとDラインの2本が交差するサインを見ると、かなり複雑で売買の判断に迷うところです。

ストキャスティクス

逆にRSIは、ラインが単純で見やすいと言えるかもしれません。ローソク足との関係はもっと明確で、短期の移動平均線の上に陽線が増えるに従ってRSIも上昇していきます。そして、ローソク足がピークに達することにはRSIが70%を超えています。

相対力指数

[最終更新日] 2017/08/31







-テクニカル相場分析

先頭へ