テクニカル相場分析

パターン分析系特殊罫線

天井圏で売って底値圏で買い戻したいと思うのは、できないことと知ってはいても万人共通の願望です。その目標に少しでも近づくために、天底のパターンを知ろうとする人は多いと思います。そのパターンも時系列のものから非時系列のチャートと様々ですが、保ち合いを解消する法則には至っていないと言えます。

一目均衡表

日本型ケイ線のひとつ「一目均衡表」は、東京新聞の前進で都新聞の兜町担当記者の織田悟一氏が考案したチャートです。相場は時間であり価格は時間に付随したものとの考え方に立って、投資家の心理を時間から割り出そうとしたテクニカル指標です。

雲のある一目均衡表は基準線、転換線、遅行スパン、抵抗帯雲(先行スパン)からなり、一目均衡表の計算式は以下のようになります。以下は利用したい人だけ見てください。
基準線 ―(過去26 日間の最高値+過去26 日間の最安値)/2
一目均衡表
それ自身の好転、逆転や転換線との関係で、相場のトレンドを読むことが出来る。また、基準線の転換の期間を基に「変化日」を予想することが可能です。

転換線 ―(過去9 日間の最高値+過去9 日間の最安値)/2

主に基準線との位置関係で相場のトレンドを見ることが可能。基準線と共にサポートラインとして機能する。

遅行スパン ―終値を26日前に記入

主に26日前の株価との関係で相場の強弱を読む。

抵抗帯雲(先行スパン1) ―(転換線+基準線)/2

抵抗帯雲(先行スパン2) ―(過去52日間の最高値+過去52日間の最安値)/2

26 日先に記入したものと、過去52 日間の最高値+過去52 日間の最安値/2を26 日先に記入したものからなり、その差を塗りつぶすと雲となる。主に現在の株価とその位置の雲の関係により、相場のトレンドを見る。また、株価が雲を通過する際にそれまでの方向に対して抵抗を示したり、株価が雲のねじれ上や下を通過する際に波乱を生じる可能性が大きくなります。

一目均衡表の変化日の基本数値 ―

一目均衡表の基準線や転換線の期間、遅行スパンや抵抗帯雲を記入する現在との時間的ギャップなどは、一般的に基本数値(9 日、17 日、26 日、33 日、42日・・・・)などがあります。あらかじめこのX日目を変化日と想定して、基本数値の変化を見ていきます。

均衡表から得られるトレンド情報

-トレンド-

  1. 転換線が基準線より上・・・上昇トレンド
  2. 基準線が転換線より上・・・下降トレンド
  3. 遅行スパンが26 日前の株価を上抜け・・・上昇トレンドに転換
  4. 遅行スパンが26 日前の株価を下抜け・・・下降トレンドに転換

売買サイン

  1. 転換線が基準線を上抜け・・・ゴールデンクロス(買い)
  2. 転換線が基準線を下抜け・・・デッドクロス(売り)
  3. 基準線が上向き転換・・・均衡表の好転(買い)
  4. 基準線が下向き転換・・・均衡表の逆転(売り)
  5. 株価が抵抗帯雲を上抜け・・・買い
  6. 株価が抵抗帯雲を下抜け・・・売り
  7. 遅行スパンが26 日前の株価を上抜け・・・上昇トレンド転換(買い)
  8. 遅行スパンが26 日前の株価を下抜け・・・下降トレンド転換(売り)
  9. 上記の①、⑤、⑦を「三役好転」と呼び強力な買いサイン
  10. 上記の②、⑥、⑧を「三役逆転」と呼び強力な売りサイン (但し、⑨、⑩は遅効性が強い)

その他の情報

  1. 基準線、転換線 → サポートライン
  2. 雲(先行スパン) → 支持帯、抵抗帯
  3. 株価が雲を通過 → それまでの方向に抵抗を示す場合あり
  4. 雲のねじれの上下を株価が通過 → 相場に波乱の可能性大

一目均衡表で試し売買する

売買サインと検証方法

  1. 基準線の好転で買い、逆転で売る。
  2. 基準線・転換線のゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売る。
  3. 遅行スパンが26 日前の株価を上抜けで買い、下抜けで売る。
  4. 株価が抵抗帯雲を上抜けで買い、下抜けで売る。

検証と考察

上記売買サインで検証した結果は、いずれのサインで売買を行った場合でも、トータル損益はマイナスです。ここまで読ませて何が言いたいかというと、1株での売買だから株数が多ければ利益になる?銘柄によっては利益が出るものがある?売買サインを工夫すれば利益が上げられる?のいずれでもなことを言いたかったのです。

つまり、相場は「イジクレバいじくるほどわからなくなる」答えは決して出ないのです。それでも数字が得意なあなたは、あなたのやり方を発見してください。発見できるかも知れませんが、過去にやった人はいないということです。もっとやるべきことが他にあるのでは?と考えさせられます。

特殊罫線柴田式鈎足

会社の株式に投資するのですから、好業績の会社を選ぶに越したことはありません。好不況の波を繰り返しながらも業績を右肩上がりに拡大させている会社や現状に満足せずに常に技術革新を怠らない会社・・・などというと限られた会社しかないので、それだけに商いが集中しても良さそうなのですが、必ずしもそうならないのは「そんな会社はつまらない!」から投資の対象にはならない!と思う人がいるからだ。
一目均衡表

相場で大金の勝ち負けを経験し、一生研究し尽くしても勝てなかった例がある。柴田秋豊(故人)氏が、延べ50年以上にも及ぶ膨大な罫線図を分析した柴田罫線は棒足順張48法則と逆張48法示の棒足法則書と柴田家秘中の秘とされた鈎足法則書から構成されているらしい。

柴田氏は罫線図を沢山残した人で、内容は実に難解である。ビデオや通信教育で勉強しなければそのすべてがわからない。罫線マニアにうってつけの教材を提供している会社がある。

特殊罫線中源線

「中源線は中国の銀相場師陳雅山の伝説の秘奥。林輝太郎氏は中源線の研究のために11人のプロ相場師とコンピューター統計の専門家とが協力し7年半の歳月をかけ、のべ1,500年の値動き資料の中から600年の値動きを抽出して中源線の正しさを確認し、あらためて「使用法(売買法)」を規定した」という。
中源線建玉法

システム(規定)売買の好きな方におすすめ。

 

 

  1. 中源線建玉法を読み、学んだ先達が、悩み立ち止まったポイントの解説。
  2. 自分が悩んだところは、既に誰かが悩み、既に解決されていることが多い。
  3. 一人で考え込む前に一読してみるとおもしろい。
  4. 勉強にゴールはないのである。常に努力していくのである。

とこの解説書は書いている。それにしても高額です。

[最終更新日] 2017/09/06







-テクニカル相場分析

先頭へ