なにをやったらいいかわからない

トレードのルールを作る

トレンドを確認する(環境認識)


AからIまで安値も高値も切りあがっています。このチャートを見れば当然相場は「上げて」いて、「下げている」と言う人はいないでしょうから、インディケーター(移動平均線など)を使って判断する必要はありません。逆に例えば移動平均線などを使うと、何日の移動平均を使ったらいいのか?さらに混乱してしまいます。チャートだけでほとんどわかります。

AからIまで上げていますが、Jになるべき高値がHを抜けなくてGを割り込んできます。この時点で上げはいったん止まって、これから下げるか上げるかの準備をして行くことになります。

安値切り上げ(A-C)高値更新(B-D)を動画で確認

建玉


トレンドを確認したら、安いところを買うのか?>強いところを買うのか? のいずれかでエントリー(建玉)します。IFD注文で損切りも同時に注文しておきますから、すぐに損切りに掛かることもあれば、一気に利益が乗ってくることもあります。

この単純な繰り返しができるかどうかで、損益が決まると言っても過言ではありません。それほどトレードと言うのは単純で退屈なものです。ところが、上手くいかないからと壁に穴をあけるなど、物に八つ当たりするようでは利益を上げ続けることはできません。できるできないはメンタルが問題なのではなく、自信のある売買ルールを作ったかどうかなのです。

損切

IFD注文したらストップ(損切)は「取り消さない」「動かさない」この2つは厳禁です。「動かさない」のは、買いの時に下に動かすことで、途転(ドテン)の時に上に動かすのはOKです。買値から下がってきたのでナンピンするのはもってのほかです。株の手法は通用しません。くれぐれもご注意を!

相場格言に「見切り千両」というのがあります。上手に見切ることは「千両の価値」があるということですが、この損切ができないとトレードを続けることができません。続けられなければ当然、継続した利益を上げ続けることができないことになります。

手仕舞い

相場格言の「見切り千両」よりも難しいと思われるのが利食いです。「利食い千人力」という格言は「ある程度で利益を確定しなさい」ということですが、この「ある程度」がなかなか難しいのです。

トレードがマイナスで終わるより、プラスで終わる方がいいわけですが、小さく利食ってしまって、利食った後に延々と半日以上も伸び続ける、こんなことも良くあります。①急激にブレイクした時 ②新値を付けた時 ③損切の値幅の利益になった時、などを利食いの時(明確な目標があればOCO注文でもいい)として、さらに伸びる場合の対処法も考えておく必要があります。

[最終更新日] 2017/07/15







-なにをやったらいいかわからない

先頭へ