いつ買い、いつ売るのか

口座資産と損切で売買量を決める

損切りは時間軸(ローソク足の時間)によって金額が違いますが、仮に1ロット1,000通貨なら、米ドル/円(USD/JPY)で証拠金が5,000円、損切りが証拠金額以内の50銭(500円)でも、口座資産÷(証拠金×3)=でトレード枚数を決めます。

口座資産が5万円で3枚、10万円で3枚までというと、余裕があり過ぎると思うかもしれませんが、100倍のレバレッジであれば25枚も可能ですが、レバレッジが低くなれば当然のことです。これで途転(ドテン)を含めたトレード方法に幅ができるようになります。

肝心の損切は、最大で買いなら「上げてきた値幅」売りなら「下げてきた値幅」と考えるのが妥当ですが、波動は様々ですので最大20銭と最初から決めておく手もありますが、あまりお勧めはできません。

[最終更新日] 2017/08/08







-いつ買い、いつ売るのか

先頭へ