実際のトレード

FXの通貨ペアとスワップ [pair swap]

ニュースなどでは「円高」「円安」と言いますが、FXトレードでは円で米ドル(米ドル/円)を売買しますから「ドル高」「ドル安」と考えた方が解りやすいでしょう。ユーロは米ドルを仲立ちにして取引(クロス円取引)されますので、先ずは米ドルを売買することが第一です。

株が100株とか1,000株単位で売買されるように、FXなら1,000通貨と10,000通貨で取引できます。最初なら10,000通貨の10分の一の1,000通貨でリスクを抑えることができます。体験ならデモ口座も用意されています。通貨ペアも数十種類用意されているところもありますが、とりあえずはドル/円でスプレッドの小さいところにしましょう。

FXの魅力のひとつと言われるスワップポイントがあります。高金利通貨(例えば豪ドル)を買うと低金利通貨(例えば円)との金利差を毎日もらえるという仕組みです。1豪ドル90円の10,000豪ドルを買うと1日にもらえるスワップポイントの計算式は、90円×10,000通貨×2%÷365日=49円ですからオマケにもなりません。また為替が5銭(0.05point)動くと10,000通貨で500円ですから、売りで1日-49円でもほとんど問題にすることはありません。(2%は計算例で詳細は確認のこと)

 



[最終更新日] 2016/05/05







-実際のトレード


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ