日経225オプション取引

オプション取引の建玉と決済

オプション取引は、コールの「買い」と「売り」、「買い」と「売り」ではじめ、
「権利行使」「権利放棄」「反対売買」で取引を終了します。

あらかじめ定められた期日までに決済する

取引する限月は、日経225オプション取引(日経平均先物取引=225先物は、3月、6月、9月、12月の年4限月)は、合計8限月が取引対象となっています。

取引最終日はその限月の前日にあたる第2木曜日(最終日が休業日のときは、その前日)になります。一般に短期の売買は近い限月、長期の売買は3、4カ月先の限月を売買します。

反対売買 (取引最終日までに損益を出す場合)

「買い」または「売り」の建玉で取引を開始して、満期になる前に反対の売買、「買い建玉」があったら「売り」、「売り建玉」があったら「買う」ことで取引を終了させます。

このように、「買い」または「売り」の建玉をすることを「ポジションを持つ」といい、買い建玉は「転売」、売り建玉は「買い戻し」とも言います。

オプション取引の多くの建玉は、満期日までもち続けて権利行使を行なうより、反対売買をしてポジションを閉じて利益を確定するか、損切りをして損を確定するのが一般的です。

買い手の場合 (コールもプットも買い手の損益は同じ)

買い手 100円のプレミアムを2枚買って、120円に値上がりしたので転売した。
(120円-100円)×1000倍×2枚=40,000円

売り手の場合 (コールもプットも売り手の損益は同じ)

売り手 100円のプレミアムを2枚売ったら、120円に値上がりしたので買い戻した。
(100円-120円)×1000倍×2枚=▲40,000円

権利放棄 (損失のまま満期日を迎えた場合)

オプションが満期日を迎えると、アウトオブザマネーであったばあいは、自動的に買い手は権利の放棄となり、オプションの購入代金が損失となり、売り手は最初に受け取ったプレミアム分が利益になります。

コール・プットオプション
(SQ値-権利行使価格)×1000倍×1枚=損失がいくら大きくても、
当初に支払ったプレミアム代(プレミアム×1000倍×枚数)分の損失だけに限定される。

権利行使 (利益のまま満期日を迎えた場合)

満期日まで建玉を維持し、インザマネーであった場合には、自動的に買い手が権利行使したもの(自動権利行使)とみなされます。

コール・プットオプション
(SQ値-権利行使価格)×1000倍×1枚-(支払い済みプレミアム)=利益
[最終更新日]2017/04/10

-日経225オプション取引

関連記事

no image

日経225オプション取引の種類

「大証」と「東証」に上場しているオプション取引には何種類かありますが、なかでも日経225オプション取引は、流動性が高く多くのネット証券で取り扱っています。 日本には、さまざまなオプション市場があります …

no image

オプション取引の限月の選び方

日経平均株価が、この先上昇することを想定した「権利行使価格」を買うのを「コールの買い」といい、日経平均株価がこの先下落することを想定した「権利行使価格」を買うことを「プットの買い」といいます。一般の投 …

no image

オプション取引の流れ

オプションの買い手は、権利の取得と引き換えにプレミアム(オプションの代金)を売り手に支払い、売買が成立します。このときの値段のことを権利行使価格といいます。 満期までの期間中は、反対売買によって取引を …

no image

オプション立会時間

オプション取引の立会時間は、日経225先物と同じ時間帯で行われています。オプション取引の呼値は、プレミアムによってかわり、肝心の証拠金は、買い手ならいらない。税金は、申告分離課税で利益の20%を納めて …

no image

日経225オプション取引のリスク

オプション取引にも「市場のリスク」などの特徴的なリスクと、自分の中にある投資態度に関するリスクがあります。 オプションの流動性リスク オプション取引では、満期日が出来高が極端にすくなくなり、反対売買が …

先頭へ