日経225オプション取引

日経225オプションの売買

日経225オプションの売買
取引の期限 日経225オプション取引の限月は、3 月、6 月、9 月および 12 月のうち直近の5 ヵ月と当該月以外の直近3 ヵ月の合計8 限月からなります。
取引最終日は、各限月の第二金曜日(休業日の場合は順次繰り上げる。)の前日(休業日の場合は順次繰り上げる。)となります。
また、直近の限月取引の取引最終日の翌日(休業日の場合は順次繰下げる。)が新しい限月取引の取引開始日となります。
証拠金 オプションの売方は、証券会社の指定する日時までに証拠金を差入れる必要があります(オプションの買方は取引代金(オプション料)を支払うだけで、他に何ら義務を負わないため、証拠金の差入れは必要ない。)。
呼び値 オプション取引における呼び値は、オプション価格(プレミアム)について行います。呼び値の単位は、プレミアムが10 円以下の場合は1 円、10 円超1,000 円以下の場合は5 円、1,000円超の場合は10 円となっています。取引単位は指数値の1,000 倍が1 単位になります。
追加証拠金 証拠金不足が発生した場合は、不足額が生じた日の翌営業日までの証券会社が指定する時間までに不足金額を追加証拠金として差入れる必要があります。
決済の方法 オプションの買方は転売、売方は買戻して、取引代金を授受することにより決済を行います。
(権利行使による決済) 1.買方は、権利行使を申告することで買建玉を決済することができます。 2.権利行使がされなければオプションの建玉は消滅し、買方は支払ったプレミアムを売方は受取ったプレミアムが利益として確定します。
権利行使日 大阪証券取引所の日経225オプション取引(ヨーロピアンタイプのオプション)の権利行使日は、取引最終日の翌日のみです。
権利行使の指示 買方が権利行使を申告することにより、権利行使は行われます。
申告する場合は、その日の午後4 時(半休日においては正午)までに証券会社に対して行う必要があります。
なお、権利行使日において、*イン・ザ・マネーの銘柄については、買方から権利行使の指示が行われたものとして取扱います。
ただし、当該銘柄にあっても、買方が権利行使を行わない旨を指示することにより、権利行使を行わないことができます。
権利行使に関して一つ注意しなくてはならないのは、権利行使時に対象となる日経平均株価指数は、正確には最終取引日の翌日の、朝1番の日経平均株価になるということです。
たとえば、9月9日が満期の日経225オプションの場合、そのオプションが権利行使されるときに基準となる株価指数は、9月10日の日経平均株価指数の始値となります。* イン・ザ・マネー
コール・オプションについては、権利行使価格が権利行使日の特別清算指数(SQ)を下回っている場合を、プット・オプションについては、SQ値を上回っている場合をいいます。
建玉の処理 証券取引所の取引参加者に支払不能等の事由が発生した場合には、原則として証券取引所が支払不能等に伴う売買停止または取引参加資格停止等の措置を講じ、その時に有している建玉については強制処理されます。
[最終更新日] 2017/04/10







-日経225オプション取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ