日経225オプション取引

日経225オプションのプレミアム

買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといいます。オプションの買方は売方にオプション料(プレミアム)を支払うことで権利を取得し、売方はオプション料を受取り、買方にこの権利を与えます。

買方が権利を行使すると、売方はそれに応じる義務があります。買方は権利行使の義務はありません。オプションは、コール・オプションの買いと売り、そしてプット・オプションの買いと売りという4つの選択肢を組み合わせる取引です。

日経平均株価(日経225)の値上がりを見込んで、プレミアム5円の「コール・オプション」を1枚「買う」または、日経平均株価(日経225)の値下がりを見込んで、プレミアム5円の「プット・オプション」を1枚「買う」場合は、5円×1000倍×1枚=5,000円で最低単位の1枚が買えます。しかも「買う」場合は、代金を支払うだけで証拠金は不要、損失も5,000円の限定です。

プレミアムとは保険のこと

「プレミアムがつく」とか「プレミア」というと、本来の価値に付加価値がついた状態をいいますが、オプション取引で言うところの「プレミアム(Premium)」とは、「保険料」とか「掛け金」とかという意味になります。

現物株を保有している法人や機関投資家は、急激な値下がりに備えて、少額の代金でプレミアムを買っておきます。これで、仮に現物の株価が値下がりしても、損失が穴埋めできます。

また値下がりしなかった場合は、支払ったプレミアムが無駄になりますが、損失は限定されます。これで「保険」の役割を果たしたことになります。

コールとプット

オプション(Option)は「選択」とか「権利」の意味ですが、オプション取引とはまさしく、オプション(権利)の取引(売買)のことです。

「オプションの買い」では、オプション代金(プレミアム)を支払って「権利」を手に入れ、反対に「オプションの売り」では、買い手が支払ったプレミアム代金を受け取ることで、買い手の権利行使に答える義務を負うことになります。

コール・オプション
(買い付ける権利)
買い → 日経平均株価上昇で利益売り → 日経平均株価下落で利益
プット・オプション
(売り付ける権利)
買い → 日経平均株価下落で利益売り → 日経平均株価上昇で利益

オプションの買い手は、権利行使が有利な場合は権利を行使し、不利な場合は放棄できます。売り手は不利になっても権利行使に応じる義務がありますが、買い手が権利を放棄すると、先に受け取ったプレミアムが受け取れます。

日経225オプション取引の証拠金

日経225オプション取引の売り手は、相場が予想に反して損失が膨らんだ場合に備え、証拠金を差し入れる必要があります。他方買い手は、損失がプレミアム代金に限定されるので、証拠金を差し入れる必要があります。

証拠金所要額=SPAN証拠金-ネット・オプション価格の総額 *

[最終更新日] 2017/04/10

-日経225オプション取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

日経225オプションの売買

日経225オプションの売買 取引の期限 日経225オプション取引の限月は、3 月、6 月、9 月および 12 月のうち直近の5 ヵ月と当該月以外の直近3 ヵ月の合計8 限月からなります。 取引最終日は …

no image

オプション取引の証券会社

オプション取引で証拠金を預ける証券会社を選ぶ際に最も重要なことは、何はともあれ、売買注文の取次がスムーズであることです。手数用の安さ > 証拠金の低さ > トレードツールの完成度の順ですが、手数料には …

no image

日経225オプション取引の魅力

オプションの売り手は巨大な資金を持った機関投資家で、10年に一度しかないかのリスクに備えるためにヘッジのための買い手にもなります。逆に、小額の資金しか持たない個人投資家はヘッジする必要がないので、安全 …

no image

日経225オプションの買い方と売り方

日経225オプション取引も市場における取引ですから、当然のように「買い方」と「売り方」による相対で行われ、「売り方」は証券会社や機関投資家などの大資本となり、「買い方」は一般投資家になります。この取引 …

no image

オプション取引を開始する建玉

「コール」と「プット」オプションの買い建玉は、残存日数別日以内に、日経平均株価が昇しなければ、利益にならないという条件が付きます。損失無限大というリスクの大きい「コール」と「プット」オプションの売り建 …

先頭へ