日経225オプション取引

日経225オプション取引のリスク

オプション取引にも「市場のリスク」などの特徴的なリスクと、自分の中にある投資態度に関するリスクがあります。

オプションの流動性リスク

オプション取引では、満期日が出来高が極端にすくなくなり、反対売買ができないまま放棄しなければならないという危険性をはらんでいます。

さらに、日経225オプション取引のプレミアムは、日々の需要と供給によって決められますので、日経平均株価が大きく変動すると「板が減少」し、想定外の価格で約定してしまったり、反対売買が成立しないなどの可能性が出てきます。

買い手と売り手のリスク

日経225オプション取引において、買い手の支払ったプレミアムが満期日にゼ□になったり、また予想外の動きでゼロになる可能性があります。

また、売り手も予想以上に相場が動くと、差し入れた証拠金では足りなくなる可能性があります。この証拠金が足りなくなった状態からさらに取引を継続するには、証拠金を追加しなければなりません。そのうえ、証拠金を追加しても損失が回復する保証はないのです。

このように、買い手はプレミアムの5割減少を見てとか、売り手は追証がかかったなど、いずれかの時点で損失を確定するのだという強い決意で、オプション取引に臨むことが大切です。

レバレッジのリスク

日経225オプション取引の「レバレッジ」は、小さな資金で大きな取引ができ、資金量に比べて大きく儲けることができるので、魅力の一つでもあります。

しかし、総資金100万円で100万円で建玉可能な取引をすれば、少し逆に動いただけで、アッという間に追証がかかります。100万円ならで10分の1の、プレミアム代金10万円までの「オプション買い」にとどめるくらいの慎重さが必要です。

未来の株価を予測する

マスコミや多くの投資家に関心のあることが、日経平均株価が今後いくらになるかということらしいのですが、無駄な予想に時間を割かないことにつきます。日経225オプション取引では、株価の予想より値動きがどうなるのかが重要なのです。

他人の動向を気にする

新聞を読んでも、「記事の内容を真に受けない」「投資家仲間と相場の話をしない」「アナリストのレポートを買わない」など、他人の意見や思惑に賛同したり、それに左右されるべきではありません。もちろんセミナーで予測などは、聞いてもいけません。

上げ下げを予測する

日経225オプション取引で判断しなければならないのは、現在のトレンドが上昇、下落、横ばい、のどれになるかということです。

相場はどうしても「上げ下げを取るもの」と考えがちですが、日経225オプション取引の最大の特徴は、「魅力」で上げた「オプション買い」による利益ではなく、「横ばいでも利益になる」こと、つまり「オプション売り」による保有株式の「ヘッジ」にあります。

もちろん、買い手で儲けている人もいます。しかし、多くの場合「日経225オプション取引」は売り方有利で、買う方は極端に不利といえます。資金量を増やして、売り方のリスクも克服できるようになってから利用しても遅くはありません。

[最終更新日] 2017/04/10







-日経225オプション取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ