FX 用語集

ロット(Lot)とは取引単位のこと

1通貨単位は米ドルの場合1ドル、英ポンドの場合1ポンドのことをいい、FXの取引をする場合、『1,000通貨』や『10,000通貨』をそれぞれ最少の1ロットとして取引するのが主流となっています。

FXでは取引単位がFX業者との契約で決められ、1ドル100円の時、1,000ドルをレバレッジ10倍(10分の1の証拠金10,000円)で取引する場合は、100円×1,000ドル×1/10=10,000円(1Lot)の証拠金で「何ロットの買(売)」というLot数で売買の注文をします。

ロット数を増やす時には、デモ ⇒ 1,000通貨(1Lot) ⇒ 10,000通貨(1Lot) ⇒ 20,000通貨(2Lot)と増やしていくのがいいと思います。

商品先物取引ではピン(最少取引単位)を1枚と呼ぶことから『1Lot=1枚』と呼ぶこともあります。私管理人も1Lot(ピン)を1枚と言います。

[最終更新日] 2017/06/30







-FX 用語集

関連記事

no image

FX証拠金取引の用語 「ま」行

【マージンコール】 【見切り千両】 【名人は相場の怖さを知る】 【メジャーカレンシー】 【もうはまだなり、まだはもうなり】

no image

FX証拠金取引の用語 「な」行

【成行注文】 【日銀短観】 【日本銀行】 【眠られぬ株は持つな】

no image

FX証拠金取引の用語 「か」行

【介入】 【カウンターパーティー】 【為替リスク】 【為替平衡操作】 【カントリーリスク】【外国為替市場】 【機関投資家】 【基軸通貨】 【協調介入】 【金融先物取引】 【逆指値】【口先介入】 【公開 …

no image

FX証拠金取引の用語 「は」行

【反対売買】 【評価損益】 【ファンダメンタル分析】 【ブルとベア】【BOE】【米連邦公開市場委員会】(FOMC) 【米連邦準備制度理こと会】(FRB) 【ヘッジ・ファンド】【ヘッジ】 【変動相場制】 …

no image

FX証拠金取引の用語 「ら」行

【流動性リスク】 【レバレッジ】 【レンジ相場】 【ロールオーバー】 【ロスカット】【ロング】

先頭へ