FX 用語集

ロスカット(損切)

ロスカットとは損切(そんぎり)のこと。注文を入れたら同時に損切りをいれるのがポイントです。これに対し、強制ロスカットとは、口座に預けた証拠金以上の損失が出ないように業者がするロスカットのことです。

強制ロスカットは損切が入っていないか証拠金の額以上に損金が発生する場合などに、自動で強制決済されるシステムです。基本的に口座以上(証拠金以上)の損失が出ないようになっています。

ところが為替の急変動やインターネットの回線混雑などで、ロスカットするポイントに到達してから決済をするまでにタイムラグ(スリッページも同じ)が発生し、口座に預けた金額以上の損失が発生することもあります。

次善の策として、少なくとも建玉の証拠金が残るように必ず損切りを入れておくことが大切です。

※ スリッページとは、注文したレート(値段)と約定時のレート(値段)とに差の出ること。
next_open注文と損切を同時に注文する方法
next_open口座資産と損切で売買量を決める

[最終更新日] 2017/08/08







-FX 用語集

先頭へ