テクニカル相場分析

平均足(コマ足)

平均足は色の変化でトレンドがわかりやすい

平均足コマ足の図

ローソク足が始値、終値、安値、高値の四つの価格情報がひとつの足がで描かれのに対し、平均足は開始値が「1本前の足の始値と終値の平均」終値は「高値・安値・始値・終値の平均」という違いがあります。

平均足は、前日のローソク足の実体の中心値を始値として、当日の始値・高値・安値・終値の各値を平均化した数値を終値とし、ローソク足を描き直したもので、見た目がコマのような形なのでコマ足と呼ばれたようです。

【平均足の算出方法】

始値=(前日平均足始値+前日平均足終値)÷2

終値=当日の始値、高値、安値、終値の平均

ローソク足と平均足は実際どのように違うのでしょうか。下図のように比べてみると「ローソク足に比べ平均足の方が直線的である」「平均足は同じ色が続いてトレンドがわかりやすい」などと思われたのではないでしょうか。

ローソク足で陰線と陽線が繰り返し出現すると、トレンドの判断が難しくなりますが、この平均足だと同じ色が続くのでトレンドの判断がよりわかりやすくなります。

ローソク足の図 平均足コマ足の書き方

平均足は、簡単にいえば陽線が続けば上昇トレンド、陰線が続けば下降トレンドだということです。さらには、移動平均線を1本入れただけでさらにトレンドが解りやすくなります。なお、青がローソク足の黒(陰線)をイメージするなら、陽線と陰線の色を変えても良いと思います。

平均足と10MC

この平均足を見ただけで「取れそうだ」「儲かりそうだ」と思った方も多いのではないでしょうか。しかし、現実はそうはいきません。チャートはみんなが見ていて、そのうちの誰かが抜け駆けしようとします。その抜け駆けの動きについていこうとする人が多ければ多い方に相場が動きます。

このようなダマシ合いの連続で値動きが形成されています。「儲かりそうだ」と思ったら、数多くの銘柄や通貨ペア、時間などを検証し、自分に合ったチャートを見つけるのも相場の面白さでもあります。

[最終更新日] 2017/06/26

-テクニカル相場分析


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差の線をチャートに重ねて描き、ローソク足が移動平均線を上に抜いたら上昇の圧力が強いと判断し、逆に下に向けたら下降の圧力が強いと判断する順張りのテクニカル指標で …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

ポイント&フィギュア(P&F)

株価チャートで良く見かけるのは、縦軸に株価・横軸に時間をおいて日足で表示されている二次元の「時系列グラフ」です。これに対し、横軸の時間の観念を無視した一次元のグラフを「非時系列グラフ」と言います。ポイ …

no image

ローソク足の組み合わせ

ローソク足単体の代表的なものには、下表のような呼び名がついています。そのローソク足の形から読み取ることのできる情報は多いのですが、実勢に当てはめて次を予想するには無理があります。「トンボ」がどうのとか …

no image

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。そこで、株式の本質的価値と市場価格にギャップ …

先頭へ