どうしたら相場がうまくなるか

売買ルールノートができあがり、さらに精度を上げようとしても自ずと限界があることは経験していくうちに解ってきます。
神様にお伺いを立てたことはありませんが、おそらく神様でも未来を100%の確率で予測することはできないでしょうし、未来はいつも予想外ですから、我々人間には損失をゼロにする勝率100%の売買ルールなどできなくて当然です。
上手な投資手法を作ることができて、運よく市場から退場させられずに長く売買を続けることができると、勝敗の精度を上げようとするのではなく、少しでもプラスになればいいと妥協するポイント探すことが最良の策と思えるようになります。
勝率アップを目指してチェックするポイントを無限に増やしていっても、精度がそれに比例して上がることはないのであれば、作業の手間や手数料や利益のバランスを考えて、できるだけ回数を減らして楽なやり方で利益を上げることがいいに決まっています。
ただし、ここには当然デメリットや我慢の時間帯がありますが、そこを上手に妥協し、少し鈍感なくらいで丁度よくしましょう。あっちにもこっちにも対応して複雑になったルールは、敏感になり過ぎて疲れてしまい、疲れた割には利益は上がらないという悪のスパイラルに陥ります。
投資は続けていくことで利益を増やす以外にその利益を享受できた人はいません。投資を続けていくためには「上手に楽をする」つまり手を抜く必要があります。精度にこだわらず大雑把なくらいが売買成績ノートはいいようです。

最初の「なぜ先物取引なのか」戻る




ペン売買ルール

上か下かを判断して、注文を出し、逆に動いたら損切に掛かり、思った方向があって利益が乗ったら利食い(手仕舞い)をします。その基準を決めるのが売買ルールです。next_open詳細

先頭へ

ペン売買損益

朝と夕方決まった時間帯に仕掛けをして、それ以外原則売買をしないようにしています。その時間以外に売買して、失敗することが多いのは解っていても、どうしても我慢できなくてやってしまいます。そんな失敗は載せていません。

仮に2時間足と決めて売買しているのに、精度を上げようとして1時間足を見ても、精度に関しては限界があります。確率は100パーセントにすることも損失をゼロにすることもできません。

あれに手を出しこれにも手を出して、四苦八苦して対応しても疲れた割には利益は上がらないものです。利益は積み上げが大切です。決めたルール以外に手を出さないことも投資の鉄則です。next_open月間損益の詳細

先頭へ