FX証拠金取引入門

fxロスカット

fxでロスカットとは、相場が逆に動いて、取引に必要な保証金の足りなくなり、fx業者が取り決めた割合いを下回った場合に、強制的にポジション(建玉)がすべて反対売買により決済されることを言います。

fx業者が投資家がもつ口座を評価する際に、あるfx業者では実質保証金合計額が、必要保証金合計額の25%を下回ったときに、その口座のポジションを全て自動的に決済するものです。

このように、損失を一定の範囲で抑えるためにロスカットは存在しますが、投資家自身の意思でするものと、証拠金率をもとに業者がするものとに分けることができます。このことは、相場の急激な変動によっては25%にとどまらず、口座の証拠金以上の損失が発生する可能性があるためです。

fxとは、リバレッジを効かして大きな利益を得られる半面、大きな損失を受ける可能性のある取引でもあります。そこで、損失を拡大させないためのルールを設けたのが「マージンコール」と「ロスカットルール」です。

信用取引で言うところの「追証」は、fxではロスカットにならないために実質保証金合計額と必要保証金合計額との関係が悪くならないようあらかじめ余裕を持って、保証金を預けることがロスカットを回避する方法の一つですが、こう言う状況に追い込まれることがすでに負けていることですので、すっぱりと処分した方がいいのかもしれません。

fxでは資金のほとんどを証拠金に預けたり、証拠金の限度額までポジションを持ったりせず、逆に動いたらロスカットで素早く対処する、といった対応を取ることが重要となります。

[最終更新日] 2017/08/02







-FX証拠金取引入門

先頭へ