FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

FX外国為替証拠金取引

平日なら24時間取引ができる

外国為替市場は世界中の金融機関間の取引です。世界の主要都市をリレーして取引が行われるため、日本国内にいながら土日以外なら24時間取引が可能です。

外国為替市場

同じ時刻に「現在のロンドン市場の円相場は105円10-20銭です」 「現在のニューヨーク市場の円相場は110円02-12銭です」というような場面を見ることがあります。前述のように「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」という言葉は単にその地域の取引参加者がもっとも多い都市名を形式的に使用しているだけで、その時刻その瞬間での市場における相場はひとつしかありません。

上記120円10-20銭や120円02-12銭という為替レートは、市場に参加している世界中の銀行のうちの一行のさらにそこに勤務する為替ディーラーのひとりが、単独に情報端末に入力しているだけのことであり、実際の取引されている為替レートと乖離している場合もあるのです。したがって、ロンドン市場の為替レートとニューヨーク市場の為替レートの水準が異なることなどありえません。市場が違えど相場はひとつなのです。

株式や商品、先物などはそれぞれ「東京証券取引所」、「東京工業品取引所」、それに「東京金融先物取引所」などという建物の中で取引される「取引所取引」なのに対して、 外国為替は「相対(あいたい)取引」と呼ばれるもので、不特定多数の市場参加者と一対一の取引となるのです。「外国為替市場」「外国為替取引所」なる物理的な建物は存在しません。

しかし、取引所取引では自分の買った(または売った)相手など解らなくてもいいわけですが、 相対取引は必ず買った(または売った)相手が特定されます。このように、外国為替市場はすべて『相対取引(OTC/Over The Counter)』という1対1の取引が特徴です。

通常、証券取引では東京証券取引所のような取引所で売買が行われます。 最近ではオンライン取引が主流になっておりますが、その際は自宅から取引のある証券会社の電子システムを通じて、 取引所に注文が送られます。そこに注文が集中し、売買がおこなわれ、値段が決められていきます。

外国為替市場は「取引所が存在しない」ので、買いたいという声が上がると、いくつかの為替ブローカーと呼ばれるところから世界を通じ、売ってくれる人を探します。そして、お互い値段が合意した時に成立しますから、およそこのレート近辺で取引が行われています。

外貨建て金融商品の中で最も有利なFX証拠金取引

これまで個人が外貨投資をやろうとすると、外貨預金や外国債券などしかありませんでした。ところが、1998年に改正外為法が施行され、銀行に限定されていた外国為替業務が、銀行以外の業種にも開放された結果、登場したのが「FX(外国為替)証拠金取引」です。

「外国為替証拠金取引」を取り扱っている業者は、オンライン証券や商品取引会社、投資顧問会社、など200社近くあります。外貨建て金融商品のなかでも、もっとも取扱業者の多いにもかかわらず、これまでこの取引が脚光を浴びなかったのは、はっきりいえば「違法業者」がたくさんいたからです。

これまで「外国為替」といえば、海外旅行をする時、銀行でドルに換える時くらいしか、縁がなかったわけです。「為替取引」といったら、海外先物とか海外為替取引とか言って、ルールなしの悪徳業者が、詐欺まがいの取引を強要するなど、人を騙すことが話題になる世界でした。なかには客から預かっていた証拠金をもち逃げする不届きな業者いたくらいです。

それも、取引業者の設立を認可する官庁や業界団体がなく、営業ルールなども不透明だったのが、2005年7月に施行された「改正金融先物取引法」によって、業界浄化の動きが進むことになりました。

業界が浄化されると、外貨建て金融商品の中でも、「外国為替証拠金取引」は、光り輝くようになります。というのも、高金利通貨で2、3倍のレバレッジをかけ、年10パーセントの金利を確保しながら長期運用するということなど、ほかの外貨建て金融商品では不可能といっても過言ではないからです。

ちなみに、銀行で外貨預金や外国債券のパンフレットを見ていただきたい。最も有利と思われるもので、5パーセント程度で、しかも手数料がかかり、リスクも負わなければなりません。

「外国為替証拠金取引」がこれだけ融通性の高い商品だということは、自分が負うリスクに応じて、レバレッジをかけることができ、さらに10パーセントを超える利率を確保することができる商品に人気が集中するのは当然かもしれません。

プロじゃないんだから、24時間「場」に張り付いていなければならないような取引はしないようにしましょう。

立会時間

外国為替市場は24時間、世界のどこかで取引されています。ニュージーランドのウェリントン市場から始まり、シドニー、東京、ロンドン、最後がニューヨークとなり、ニューヨーク市場が終わると直ぐ翌日のニュージーランドが開きますので、24時間絶えず取引が行なわれています。

FX証拠金取引は、24時間いつでもリアルタイムレートで取引することができます。欧州や米国市場が昼日中の商いが活発な時間帯に日本は夜なので、いざという場合がいことはないので、リスクを回避できる手段を持つことも大切です。

FX証拠金取引の証拠金

取次業者によって、1枚(1取引単位)の通貨量、手数料、証拠金額がそれぞれ違います。また、取次業者によって証拠金の最低の預け入れ額もマチマチです。

また取次業者によっては、建玉を維持するために取引所が定める最低限必要な金額(証拠金基準額)も、注文の発注および、建玉を維持するために必要な証拠金額(発注証拠金額)と、違う場合がありますが、注文するのに必要な証拠金は、高めに設定されていると思ってください。

それでも、当初10万円預ければ、必要な証拠金は5万円程度ですから、1枚(最低取引単位)で1万通貨の取引ができます。仮に1ドル=100円なら、1万通貨で100万円になりますから、10万円の証拠金預けた時のレバレッジは10倍となります。

毎日の値洗いの結果、預けた証拠金に対して、50パーセントのマイナスが出たら、決済をしなさいという合図ですから、FX証拠金取引のスワップ金利狙い以外の、極端にレバレッジを効かせた差益を狙った取引では、即時「手仕舞い」の信号と考えるべきです。

為替も商品先物取引と同じ証拠金取引です。売買単位(枚=まい)が1万ドル(*1) だとすると、1米ドルが100.00円のレートでのときに、1万ドル単位で行う取引ですから、100.00円×1万ドル=100万円が必要だということになります。

しかし実際の銀行間のやりとりでも、1万ドルの現金が必要な人以外は、通貨のレートの変動を利用して、差益金を狙う投機的な売買をします。そこでこの為替取引でも、『差金決済方式』と『証拠金取引』という方法で取引が行われています。

証拠金取引

この方式が取り入れられたのは、1万ドル=約100万円の現金をその都度やりとりするのではなく、証拠金という名の保証金を取引会社に預け、売買結果としての差金だけを決済しましょう、としたルールが証拠金取引です。

これは少ない資金で大きな取引ができる、というメリットがある反面、しっかりとした資金感覚がないと、預け入れた証拠金がなくなるほどの損を出すこともあるので、資金管理ができる人だけが参加すべきです。

差金決済

先物取引と同じように、100.00円で買ったドルを、102.00円でこのドルを転売したとすると、1ドルあたりの利益は=102.00円(転売価格)-100.00円(買った価格)となり、1ドルあたり2.00円の利益になります。

このような、売買の差額で儲ける方法を「差金決済方式」といいます。先の証拠金の額が2万円でも、実際には1万ドルの取引をしていることになりますから、2.00円×1万倍=20,000円の利益が得られるということになります。

差金決済とは計算上の損益のことで、この例では、上がることを想定してドルを買ったのですから、ドルが高くなるということは円が安くなることなので、高いドルと交換した円はたくさん貰えることになります。もしドルが下がったら、当然損失につながります。

FX証拠金取引の税金

FX証拠金取引の2つの収益源である「為替差益」と「スワップ金利」はともに、「雑所得」扱いになります。毎年1月1日から12月31日までに取引が終了した「利益」に対して、給与所得などを合算した所得が総合課税の対象になります。

サラリーマンなどが、雑所得として申告するのに有利なのは、年間20万円以下の収入であれば、確定申告をする必要がありません。実質非課税ということは、大きなメリットです。しかも、取引にかかった売買手数料や文具、パソコン代まで経費として認めてもらえます。税務署は、金利収入に対して、実に寛容なのです。

さらには、同じFX証拠金取引であれば、他社で取引した分を、損益通算できます。ただし、他の先物取引による損益は、合算できません。

 

-FX外国為替証拠金取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

エントリー

外国為替市場は1日24時間、世界中のどこかの市場が開いていて売買されています。しかし通常、24時間常に市場の動きを見張っていることは不可能です。そんな市場の変化に合わせた注文の仕方もあります。 売りと …

no image

マージンコール

ポジション(建玉)の含み損が増えて、口座の残高が業者が決めた一定の水準以下になると、強制的に決済されるか追加の証拠金を求められるルールがマージンコールです。ギリギリの資金で目いっぱいの建玉をすると追証 …

no image

取引対象の通貨(ペア)

株と違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけを売買するなら、その通貨をチェックすればいいわけです。そのドル/円の売買は円でドルを売買することで、1ドル100円 …

no image

スワップ

FXの取引は「為替差益」を狙う取引だけでなく「スワップ金利」を狙う取引もあります。このスワップ金利とは2国間の金利差のことで、高い金利の通貨を買うと、外貨預金のように金利を毎日受け取ることができます。 …

no image

追加保証金(追証)いわゆる追加資金

追証拠金というのは、「外国為替証拠金取引」だろうと「商品先物取引」だろうと、取引会社が取引の代金を立て替えているわけですから、損失が拡大したら取引業者から追加の証拠金を請求されるのは当然です。単純に計 …