【介入】 【カウンターパーティー】 【為替リスク】 【為替平衡操作】 【カントリーリスク】【外国為替市場】 【機関投資家】 【基軸通貨】 【協調介入】 【金融先物取引】 【逆指値】【口先介入】 【公開市場操作】 【国際決済銀行】 【国際通貨基金(IMF) 】【固定相場制】

【介入】
各国の中央銀行が通貨防衛のために行う大規模な取引。
介入が入るとレートが大きく動くケースが多々あるので、介入には注意を払っておく必要があるといえる。
【カウンターパーティー】
取引の相手。または取引相手である金融機関を指す。
【為替リスク】
外貨建ての資産が為替レートの変動により、元本を割り込む可能性があること。
FXでは、買いのポジションを持っていれば、相場の下落、売りのポジションを持っていれば、相場の上昇により、によってリスクが発生する事になる。
【為替平衡操作】
政府の依頼をうけた中央銀行(日本なら日本銀行)が為替相場の急激な変動を防ぐため、直接為替市場に介入して売買を行うこと。たんに「平衡操作」と呼ぶ場合もある。
【カントリーリスク】
投資している国の政治や経済、社会の変化によって投資したお金が回収不可能となる危険度のことを指す。
政治リスクともいわれ、一般的に、先進国はカントリーリスクが比較的低いといわれる。
【外国為替市場】
外国為替取引を行う場。
外国為替の取引は株の取引などの取引と違って、取引所等の公設市場がある訳ではなく、世界中の様々な場所で様々な形として行われている。
【機関投資家】
証券会社、投資信託、生命保険、損害保険、信託銀行、銀行等、個人や企業から預かった資金を運用する法人投資家のことを指す。大口の取引を行うためその影響力は個人投資家より強いといえる。
【基軸通貨】
各国の当局が外貨準備高として保有したり、企業、個人が国際間取引で広く使用している通貨の事を指す。
基軸通貨は通貨の流通量が多く、価格が安定しており、世界中の多くの国で通用する。
現在は、米ドルが基軸通貨になっており、米ドルの影響力は非常に強い。
【協調介入】
ある2 国間の通貨、もしくは複数の通貨に対して、その為替水準が好ましくないという判断をした場合に各国の通貨当局が示し合わせや協議の上、同時もしくは断続的に各国の中央銀行が為替市場で売買すること。単独介入と比べて、規模が大きくなるのでマーケットに与えるインパクトはかなり強くなる。
【金融先物取引】
将来の特定された時期に特定の金融商品(通貨、預金、債権等)を一定の価格で売買する事を契約する取引のこと。実際には現物の受渡を行わず、反対売買による価格差の決済により契約を終えるケースが多い。
【逆指値】
今のレートを基準にし、そのレートと比べて高いところで買いたい、又は、低いところで売りたい時
に使う注文方法。
【口先介入】
政府要人や高官による、ある相場の動きを牽制する為のコメントや発言のこと。実際には市場への資金投入はせず、言葉だけで外国為替相場の動きを変えようとするので、タイミングによっては効果が薄い場合も見受けられる。また、発言をした人物の地位などによってもその影響力は左右される。
【公開市場操作】
日本銀行が短期金融市場といったような公開市場で債券等の売買を行い、銀行等の民間金融機関が保有している現金を増減させ、金利やマネーサフ゜ライに影響を与える政策のこと。
【国際決済銀行】(BIS)
加盟している各国の中央銀行間の為替売買や預金受け入れ等を行っている。「中央銀行の中央銀行」と呼ばれる国際特殊銀行であり、本部はスイスのバーゼルにおかれている。
【国際通貨基金】(IMF)
ワシントンに本部がある、1947年に設立された為替レートの安定と国際貿易における障壁除去のため国連組織。また、このIMFによる、各国通貨の換算率をIMF為替相場という。
【固定相場制】
為替相場の変動を、固定もしくはごく小幅に限定する制度。ぺッグ制ともいう。pegとは釘止めし、安定させるという意味を持つ。
反語:変動相場制