FX 用語集

FX証拠金取引の用語 「あ」行

投稿日:

【相対取引】 【アスク】 【インカムゲイン】 【IFD】【IFO】【インターバンク市場】 【FF金利【円高】 【円安】【OTC】【OCO】(オーシーオー) 【欧州中央銀行】 【オファー】 【終値】


【相対取引】
市場を経由しないで、売り手と買い手がお互い直接に取引をおこない値段、数量、決済方法などの売買内容を決定する取引方法。OTC取引ともいう。
【アスク】
価格を提示する側の売り値のこと。オファーと意味は同じになります。提示された側はそのプライスで買うことになります。反語は「ビット」
【インカムゲイン】
株式の配当金、預金や債券等の利息、投資信託の収益分配金等の利益、FXでは、スワップ金利の事を指す。
【IFD】(イフダン)
「もし注文が成立したら」(IF DONE)という意味を持つ注文方法。
先の注文が成立した後に、自動的に控えていた注文が有効になる注文方法。
【IFO】(イフダン、オーシーオー)
IFD(イフダン)とOCO(オーシーオー)を組み合わせた注文方法。
新規注文が成立したら有効になる、利益確定と損切りの決済注文を2つセットで出す事が可能なので、このレートで買って、このレートになれば損切りこのレートになれば利食いといったような注文が可能。
【インターバンク市場】
銀行と銀行の間の間で取引が行われる市場のこと。
通常100 万を最低単位として取引されている。
外国為替市場という場合には通常、このインターバンク市場を指す。
【FF金利】(エフエフ金利:Federal Fund Rate)
政策金利として位置づけられている、アメリカの銀行間市場金利。
このFF金利が変更には、マーケットが常に注目している。
【円高】
円の対外価値が高まること。反語:円安
例えば、1ドルが100 円から95 円になれば5 円の円高となる。
【円安】
円の対外価値が下落すること。反語:円高
例えば、1ドルが95 円から100 円になれば5 円の円安となる。
【OTC】(オーティーシー)
「Over The Counter」(オーバー・ザ・カウンター)の略。
売り手と買い手との直接の相対取引のことを指す。
【OCO】(オーシーオー)
2 つの指値・逆指値を同時に出し、一方の注文が成立したら、他方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法。
ここのレートまできたら損切り、このレートまできたら利食いという注文ができる。
【欧州中央銀行】
ECB(European Central Bank)のこと。
【オファー】
価格を提示する側の売値。顧客が買うときのレート。
アスクともいう。反語:ビット
【終値】
1 日のうちで取引が終るときの最終値段。
外国為替市場で、日本市場の終値といえば午後5時頃のレートを指すことが多い。

-FX 用語集

関連記事

no image

FX証拠金取引の用語 「な」行

【成行注文】 【日銀短観】 【日本銀行】 【眠られぬ株は持つな】

no image

FX証拠金取引の用語 「さ」行

【差金決済】 【指値】 【サポート】 【証拠金率】 【ショート】 【スクエア】 【スプレッド】【スリッページ】 【スワップ金利】 【先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)】 【損切り(ロスカット】

no image

スキャルピング【scalping】

スキャルピング【scalping】とは「皮むき」のことで、薄皮を剥ぐようにエントリーからイグジットまで数秒から数十分と短い取引で薄利を稼ぐ取引のこと。

no image

FX証拠金取引の用語 「は」行

【反対売買】 【評価損益】 【ファンダメンタル分析】 【ブルとベア】【BOE】【米連邦公開市場委員会】(FOMC) 【米連邦準備制度理こと会】(FRB) 【ヘッジ・ファンド】【ヘッジ】 【変動相場制】 …

no image

FX証拠金取引の用語 「ら」行

【流動性リスク】 【レバレッジ】 【レンジ相場】 【ロールオーバー】 【ロスカット】【ロング】