保持するか自分の投資スタイルを見つけるための大きなポイントになるのが「どのくらいの期間ポジションを保持するか」ということです。

つまり、どのくらいのスパンで投資を行うかを考えることによって、自分にあった投資スタイルを見つける大きなヒントとなってくれるはずです。
上記の表のように、ポジションを保有する期間によって呼び名が違ってきますが、大事であるのは投資スタイルの名前を覚えることではありません。
どのやり方が自分にとって一番あっているかを知ることです。いろいろ試して、自分に向いている投資スタイルを確立して頂ければと思います。
いろいろな投資スタイルがある中で、この投資スタイルこそが完璧なものだ!とは言い切ることはできませんが、投資スタイルを探すにあたって絶対にしてはならないことがあります。
それは、「投資をギャンブルにしない」ということです。行き当たりばったり、体力と運に任せた裁量的な取引は必ず長続きしません。
取り組み始めた当初は運よく勝ったとしてもそれだけです。少し長い目で見れば、結果は見えています。
常に、損失を最小限に抑えるという事を肝に銘じて取引に臨むことが必要です。