FXの取引概要

ネット取引の道具を整える

投稿日:

ひと昔前は株や商品などの取引といえば、もっぱら電話で注文を出していました。外国為替取引で一部の銀行だけに為替取引が認可されていた時代などは、各銀行のディーラーが顧客から電話で注文を受け、電話でブローカーに売買注文を出していたのです。


しかし、FX証拠金取引に限らず、電話取引はほとんど行われていないと言っていいでしょう。だからといって、まったくないわけではありません。しかし、営業マンなどの第3者が介在する取引では、他人の意見に流されてしまう可能性が高くなってしまいます。これから始めようとする人は、自分の判断だけでするネット取引だけにすべきです。
さらに、最近では、モバイル末端(PDA、携帯電話)での取引もできます。ただモバイルでの注文は、ネットに接続できない環境にいるときなどの、限られた条件での取引に限るべきです。電話取引も含めこれらの取引には、一長一短があリ補助的なものとして利用するのがベストな選択だといえます。
インターネット取引のメリットとしては、電話取引と比べ手数料が安い、もう1つ、市場が開いているならば、自宅にいながら24時間いつでも好きな時間に取引ができることが大きな特徴です。また、ネットからいつでも情報を検索できるという点でも便利であるといえるでしょう。
ただ、モバイル末端を使った取引は、これから非常に進歩や成長が望める分野です。モバイル取引は外出先からでも取引可能な点を見逃してはなりません。できることとできないことを知った上で、パソコンとのすみわけが重要です。通信料や取引手数料などをチェックしながら推移見守るべきではないでしょうか。

-FXの取引概要

関連記事

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

最後に取引をする業者の「預け入れる証拠金」「取引単位」「トレードシステム」の基準を見てみましょう。

no image

リスクを最小限に抑えれば儲けにつながる

先物取引に限らず株の取引でも、儲かることだけがやたら目に付きます。「うまい話には、裏がある」というのは世の中の常ですが、FX証拠金取引に裏はないまでも、損することがあるのは知っておかなければなりません …

no image

外貨預金はFXに比べて本当に有利か。

1.手数料はFXが圧倒的に安い。 顧客が外貨預金で円を外貨に交換する場合はTTS(対顧客電信売相場)、外貨預金を解約して外貨から円に交換する場合にはTTB(対顧客電信買相場)と金融機関の為替コストが加 …

no image

魅力的な為替差益

為替は相場で変動します。1ドル=112円だったのが、明日は110円になるということもあります。その時FX証拠金取引をしていれば、この為替の変動によって、損をしたり得をしたりすることも当然あるわけです。 …

no image

「セントラル短資オンライントレード」という業者でできること

セントラル短資オンライントレードのスワップ金利は、業界最高水準です。スワップ金利の即日反映はできない業者が多いのですが、セントラル短資のスワップ金利は毎日でも出金が可能です。