取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立しないことを流動性リスクといいます。

流動性リスクが問題になるのは「売買がすぐに成立するか」ということです。その点、為替は一企業の株などと違って、全世界規模の取引であり、市場参加者も多いので、流動性は非常に高いので、流動性によるリスクはきわめて低いといえます。