FXの取引概要

魅力的なスワップ金利

投稿日:

FX証拠金取引のスワップ金利は、取引会社で多少異なりますが、10万円で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を受け取ることができます。しかも、毎日、毎日です。1日に150円と言えば大したことない金額だとお思いでしょうが、金利としては実は、すごい金額です。
2006年3月9日、日本銀行は金融政策決定会合で、2001年3月に導入した「量的緩和政策」を5年ぶりに解除しました。
少し前までは定期預金の金利といったら、0.03%程度が相場だったのですが、この量的緩和解除の影響を受けて、各都市銀行は定期預金金利の引き上げはじめました。なんと、2倍以上に跳ね上がったのです。三菱東京UFJ銀行、300万円未満のスーパー定期の金利が年0.08%にもなります。
しかし、安全第一の老後資金などにとっても、万々歳なのでしょうか。1,000万円を1年預けておいて、受け取ることのできる金利は、年に税込み8,000円です。この定期預金の金利の低さは、それはひどいものです。2倍になったといっても、たった8,000円なんですから。
ところがFX証拠金取引のスワップ金利はどうでしょうか。1日に10万円で150円です。10日で1,500円・・・と数えていくと、1年365日で約55,000円となります。100万円なら・・・と計算も簡単です。しかも、このスワップ金利は、放っておいても毎日受け取ることのできる収入なのです。
FX証拠金取引のスワップ金利は、なぜ10万円でこんな高い金利を得ることができるのでしょうか。それは、FXのポイントの1つである「レバレッジ効果」にあります。スワップ金利は、外貨の買い(BUY) 外貨の売り(SELL)で、USD/JPY +152円 ?155円となっています。
———————————————————–
量的緩和政策とは?
通常、金融政策とは、金利の上げ下げにより、マネーサプライ(通貨供給量)を増減させる政策のことを指します。しかし、いわゆるゼロ金利政策で日本銀行は金利を0パーセントまで引き下げてしまっために、これ以上金利を引き下げることが出来なくなりました。そこで、資金の絶対的な供給量から資金量を直接コントロールして金融政策を運営しようというもの。
———————————————————–

-FXの取引概要

関連記事

no image

FX証拠金取引のリスク ? (流動性のリスク)

取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立 …

no image

ネット取引の道具を整える

ひと昔前は株や商品などの取引といえば、もっぱら電話で注文を出していました。外国為替取引で一部の銀行だけに為替取引が認可されていた時代などは、各銀行のディーラーが顧客から電話で注文を受け、電話でブローカ …

no image

FX(外国為替証拠金取引)の特徴は

小資金で比較的簡単に取り組むことができ、年利1000%も夢じゃない投資!! 1998年の法律の改正以前のFXは、根拠になる法もなく、詐欺まがいの営業を行っていた悪徳な業者が多数存在していました。海外先 …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (カントリーリスク)

国の信用度に応じてのリスクで、為替独特のリスクともいえます。海外投資を行う場合などに、その国の政治的、経済的、安定度によっても負うリスクは違ってきます。

no image

レバレッジ(てこ)で複利効果を狙う

レバレッジ(leverage)とは挺子(てこ)の意味です。辞書では「借入金によって投資を行い、利子率よりも高い利潤率を見込むこと」とされます。先物取引などで10万円の手持ち資金でも100万円の取引がで …