外国為替取引は「異なる通貨の売買」を24時間取引を行う、壮大な取引の舞台となるのが市場です。日中は仕事で取引できない人でも、夜遅くに自宅で取引ができるなど、基本的に平日ならばいつでもトレードをすることができます。日本の外国為替市場は、土曜日と日曜日はお休みで、クリスマス ⇒ 年末年始の休日もお休みとなります。
もう1つ外国為替市場の大きな特徴として、外国為替市場に人が集まって取引する場があるわけではないことです。通貨を取引する各国の金融機関が、電話やオンラインを駆使して行うバーチャルな取引市場で、株式市場のような取引所が存在するわけではないということです。
時間的に1日を見ると、日付変更線を過ぎて、日本時間の午前5時にニュージーランドのウェリントンが始まります。シドニー ⇒ 東京 ⇒ 香港 ⇒ シンガポール ⇒ ムンバイ ⇒ フランクフルト ⇒ ロンドンと時間の経過とともに順次市場がオープンして行きます。最後のニューヨーク市場がクローズするのは、日本時間の翌日午前7時(夏場は午前6時)となり、ニューヨーク市場が終了する時間には、ウェリントン市場が開いているので、24時間動いているということになるわけです。
さらに、外国為替市場は世界の主要都市にあって、その中でも特に参加者、取引量、流動性が高い、東京、ロンドン、ニューヨークの3つの市場を「世界3大市場」と呼びます。