fx証拠金取引で「レバレッジ」という言葉をよく聞きますが、レバレッジとは、日本語に直訳すると「てこ」という意味です。fxでは元本の何倍もの取引をすることができますが、元本に対する取引金額の倍率を表わすのが「レバレッジ」なのです。

fx証拠金取引を始める場合には、最初にfx証拠金取引を取り扱っている業者に証拠金(保証金)を預けます。その元手の何倍もの金額の通貨を売買するという投資です。この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)がまさしく「てこ」であるので「レバレッジ」と呼んでいます。
fxは外貨預金や外貨MMFなどや、その他の外貨建て金融商品とは違い、実際に取引する金額よりもずっと少ない資金(預ける保証金)で、高額の売買をすることができます。このような取引のことをよく「レバレッジの効いた取引」ともいわれます。
そのfxと外貨建て金融商品との最も大きな違いは、このレバレッジの大小にあるといえます。レバレッジが高いということは、利益や損失も大きくなるということですので、fxではレバレッジを調節することで、リスクやリターンをコントロールすることが重要となります。
外貨預金などの外貨金融商品は「レバレッジ1倍」というものがざらにあります。外貨預金では、レバレッジ1倍の取引ができる「外貨預金型注文」がありますので、外貨預金をされている方で手数料コストの削減を考るならこちらもお勧めです。
このように、レバレッジ(てこ)の利いた取引は、証拠金(元手)に対し大きな金額を運用することになります。レバレッジが高くなると、マーケットの小さな動きでも損益が増減することになりますので十分な注意が必要です。