FX証拠金取引入門

スワップとは

投稿日:

スワップは「交換する」という意味ですが、fxでいうスワップとは、日本と通貨発行国の金利差のことを「スワップ」といっています。


日本円の金利が、他国の通貨よりも金利が低い時に、その通貨発行国の通貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして収入になるということで、簡単に言えば金利がもらえることになります。
このようにfxの証拠金取引では、円を売って外貨を買うことができます。つまり、通貨を交換することによって、このときにつく金利のことを「スワップポイント」または「スワップ金利」と呼んでいます。
日本で超低金利が続いているときは、外貨金利が円金利を上回っている状態が続きます。この時例えばfxで、米国通貨の「ドル」を購入すると、スワップにより金利がもらえるということになります。
これとは逆に、円金利がドル金利を上回った場合には、fxで円売りドル買いをしている場合は、スワップとして金利差を支払わなければならないことになります。
例えばfxでドル/円を持っていて、毎日100円のスワップがついたとすると、1年で36,500円のスワップ金利が手に入ります。
ところがこのスワップ金利、毎日引き出せるところと、反対売買して取引を決済しないと引き出せない業者がありますので、覚えておいてください。

-FX証拠金取引入門

執筆者:

関連記事

no image

fx証拠金取引の税金

fxと税金について見てみましょう。fxというのは外国為替証拠金取引のことですが、このfxの取引をしたときに収益を得た場合には、個人の場合は、所得税の中でも雑所得という取扱になります。

no image

レバレッジとは

fx証拠金取引で「レバレッジ」という言葉をよく聞きますが、レバレッジとは、日本語に直訳すると「てこ」という意味です。fxでは元本の何倍もの取引をすることができますが、元本に対する取引金額の倍率を表わす …

no image

fxマージンコール

fxの「マージンコール」とは、取引に必要な保証金額が、取り決めた割合いを下回った際に、業者から出される警告のことです。

no image

FX証拠金取引を始める

少ない資金で始められるということから人気のfxは、少ない資金で大きな取引が行いたい人に向いているといえます。またそれが、fx取引の魅力の一つでもあります。

no image

fxロスカット

fxでロスカットとは、相場が逆に動いて、取引に必要な保証金の足りなくなり、fx業者が取り決めた割合いを下回った場合に、強制的にポジション(建玉)がすべて反対売買により決済されることを言います。