fx初心者が注意しなければならないことは、信託保全の有無ということがあげられるのではないでしょうか。fxの信託保全のシステムとは、あなたがfx業者に預けた資金を守ってくれる保全措置のことです。

fxなどの証拠金取引では、売買を始める前に一定の資金を「証拠金」として先に預けることになっています。証拠金は商品の代金ではなく、あくまでも預かり金で、取引をする時の保証金のようなものです。
その証拠金は、あなたがfx業者に返還を求めると、手数料等を差し引いて、直ちに変換しなければならない義務があります。万が一、fx外為業者が倒産しても、顧客の資産を返還できるように、会社の資産とは別に保全されなければなりません。
その意味でも口座を作る際に、顧客資産の分離保管に関して取引案内等に明記していないfx業者は、取引を避けるほうがいいでしょう。
さらにはカバー先金融機関の信用をよく調べておくことが必要です。fxではいくら資金の信託保全ができていても、カバー先金融機関の信用力が低いと後で困ることになります。口座を開く際には、カバー先金融機関の格付けなどもよく調べておくことが大切です。
また、fx初心者の注意すべきポイントは、レバレッジにあります。fxの特長の一つとして、10万円の証拠金を預託すれば、1万ドルの取引が可能になるように、比較的小額で取引を開始できることにあります。しかし損が膨らめば、追加で証拠金を差し入れるか、損を出してでも取引を決済しなければならないのです。
最後にfx業者が、取引の時に「買値」と「売値」の両方を提示しているか、ということも重要な注意点になります。fx業者を選ぶときには、できるだけ買値と売値の差があまりないような業者のほうが、安全な取引ができると思います。