??派などと言って、テクニカル分析が好きな人vsファンダメンタルズ分析が好きな人という中途半端な対立ではなく、批判的をしあくこともしばしばです。

確かにファンダメンタルズを無視した、テクニカル分析だけでは限界があると思えないこともありません。
主要国などが突然「為替政策」を変更したりすると、テクニカル分析のサインだけでは事足りないこともあります。
しかし、そんな時はどんな対応をしたとしても空しくなることもしばしばなのが相場というもので、せめてテクニカル分析にでも頼らなくてはいられないという時もあります。
相場は人がどのように「為替」の売買をするかで値動きが決まります。為替を動かしているものは「金利差」でも「重要な経済指標」でも「テクニカルの売買サイン」でもありません。
つまり、相場は「為替」に影響を与えるすべてを判断し、自分がどう思うではなく、市場の参加者がどのように考える行動を取るのかが重要なのです。
為替で儲けるためには他の市場の参加者がどのように考えているのかを分析する事が非常に重要となってくるのです。
例えば、アメリカのGDP(国内総生産)の成長率の伸びが良かったとします。すると、その結果がアナリストや記者などの事前の予測の範囲内であれば、「織り込み済み」とされ、為替にはほとんど影響がない場合があります。
逆に、GDPのいい結果が出ても、その結果が事前の予測よりは、悪い結果だった場合、ドルが下がることもあるので、上がったか下がったかではなく、売買の相手がどう考えて行動したかがいかに重要かが解ります。
つまり、多くの人がテクニカル分析で売買の決定をしていると仮定すると、そのテクニカル分析で相手の動向がわかるといえなくもありません。
さらに「テクニカル分析」が投資家がどう考えているのか心理を表しているとも言えなくもないわけですから、テクニカル分析を全く