なんのためにFX証拠金取引をするのかといえば、利子・配当金・家賃・地代と同じように、放っておいてもお金が入ってくるように投資を行っているわけです。

不動産の地代や家賃と同じように、FXを利用すればより確実に金利収入を得られる方法であっても、FX証拠金取引の目的は、この「儲ける」の一語に尽きるといって間違いありません。
FX証拠金取引というと、「より確実なスワップ狙いの投資」とか「差益を狙った投資」と分けて考えていることが多いようです。
確かに「スワップ金利」と「差益」はFX証拠金取引で儲けるための大きな柱に違いはないのですので、どちらにも偏って考えるべきではないのですが、「スワップ金利」で不労所得を得ようとに取り組み始める人が非常に増えています。
しかし、その多くの人は、「スワップ金利」だけに目を向けているために、「為替の変動リスク」という、FX証拠金取引が持つ潜在的なリスクがあることに気づいていません。このことは、非常に危険な状態でFX証拠金取引をしているといわなければなりません。
例えば、スワップ金利狙いで投資を行っていても、レバレッジの設定が適正でないために、突然の為替で大損する可能性があることに気がづいていないことなどもあります。
金利だけに目が向いているために、「損切り」の設定も考えていないなど、慌てているうちに損失が拡大してしまった例もあります。
スワップ金利を得ることを目的とした運用では「安全確実」が大前提ですから、為替が急激に動いたとしても問題ない、為替変動のリスクも考えた方法で取り組む必要があります。
つまり、資金に余裕をもって、余剰金で損切りされない水準でポジションを持ちさえすれば、安全確実にスワップ金利だけを、毎日コツコツと受け取り続けることができることを再認識しておいてください。