カナダは世界の先進七カ国(G7)の一国です。アメリカ合衆国の影響が強く、アメリカ合衆国との交流が盛んでしたが、1992年北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟し、メキシコを含む北米3国間での交流も盛んになりました。

カナダは経済面では多様な産業構造を有しており生産力もありますが、貿易と広大な国土の天然資源に大きく依存する「資源国」でもあります。国境を接している関係もあり、アメリカとの経済関係も極めて密接になっており、アメリカの経済の影響を受けると考えて良いでしょう。
カナダドル(Canadian dollar)は、北米カナダの通貨で、1カナダドル(C$)は100セント(¢)。です。資源国なので原油価格などの商品市場の動向が、為替相場に影響を与えそうですが、カナダドルは豪ドルに比べると商品相場の影響を受けにくい通貨で、国の財政事情も健全で、比較的相場は安定しているといわれています。
カナダの概要
面積 997.1 万KM2(世界第2 位、日本の約27 倍)首都:オタワ
人口 約3,000 万人(2001 年国勢調査)
主要産業 金融、保険、不動産業、製造業、商業
GDP 13,687 億加ドル(2005年名目値)
失業率 6.7%(2005 年)(2004 年:7.2%)
主要貿易相手国
輸出:米国、日本、英国
輸入:米国、中国、メキシコ、日本
中央銀行:カナダ中央銀行